TRPG.GigaFreaks.com

05.ルールの適用

教えて!DJ-Devil!!》 2009/12/17 15:32
DJ-Devil  Baaaaaaaaaad Night!
 最後の救世主にして世界を破滅に導くDJ-Devilだだだ!
Angel  アシスタントのAngelです☆
DJ-Devil  じゃあ、早速お手紙を。
 はい、Angel、早く読む!
Angel  あ、はい。
 え〜と、北海道は札幌市の如月翔也さんからです☆
DJ-Devil  またコイツか。
 コイツ、絶対友達いないタイプだよな(笑)
Angel  そんな事いうと、本人泣きますよ。
DJ-Devil  泣かせとけ、あんなオタクデブ。
Angel  非道いですね。
DJ-Devil  そんなのはいいから、早く読む!
Angel  あ、はいはい。

「 最近、マスターの自分よりプレイヤーの方がルールに詳しくて、色々な所で指摘を受けてしまいます。
 それに加えてシナリオ上の要点をルールの指摘一発でメチャメチャにされちゃったりで、とても困っています。
 ボクはどうしたらいいんでしょう?」

 というご相談です☆

DJ-Devil  TRPGやめろ。
Angel  Devilさん?
DJ-Devil  あ〜、言わンでもわかるわ。
 じゃあ、マスターやめろ。
Angel  Devilさん!?
DJ-Devil  はいはい。それも駄目かい。
 ならば、修行不足じゃ、精進致せ!って所でどう?
Angel  D・e・v・i・l・さ・ん!!!!????
DJ-Devil  そんなに怒るなよ。
 相手を張り倒して、「峰打ちじゃ、安心せい」とかって…
Angel

 Devilさん!?

DJ-Devil  ツッコミ厳しいな。
 でも、今の助言で十分だと思うぞ、実際。
Angel  どこがですか!?
DJ-Devil  だから、怒ンないで聞けって。
 要するにマスターの方が知識が足りないのを逆手に取られて、プレイヤーに苦しめられてるんだろ?
Angel  要するとそうですね。
DJ-Devil  いきなり冷静だな。
 そんな時の対応法って、ほとんど無いだろ?
 結局、少し間をおいて落ち着くか、もう一度勉強し直すか、マスター的に開き直っちゃうかしか無いだろ?
Angel  なるほど、そういう意味なんですね。
DJ-Devil  いや、からかってただけ。
Angel  Devilさん?
DJ-Devil  だいたい、これはマスターが情けないんだよ。
 マスターは準備とか色々する事があるかわりに、セッションのほぼ全権を委任されてる訳だろ?
Angel  ええ。
DJ-Devil  だったら、ちゃんとルールを理解しておくのも大事だけど、もっと大事なのは自分が進行を行うって事だろ?
 進行をできるのはマスターだけなんだから。
Angel  まあ、そうなるんでしょうか。
DJ-Devil  だったら、ルールの適用っていう進行も自分でやらなきゃ。
Angel  結局、勉強しろ、って事ですね?
DJ-Devil  いや、そうでもない。
 自分が正しいと思っているルールを判定に使おうとして、プレイヤーに違うルールが正しいと指摘されたとしよう。
Angel  はい。
DJ-Devil  その場合、開き直って「いや、このルールで行くんです」って言い切るのは自分で進行していることになるよな?
Angel  まあ、あまり聞こえは良くないですけどね。
DJ-Devil  それと同じで、「あ、そうなんだ。じゃ、こっちのルールで行こう」って言うのも、自分で進行している事になるんだよ。
 プレイヤーの言葉がそのまま通っている訳じゃなくて、マスターが「こっちのルールで行こう」って判断してる訳だから。
Angel  はぁ。言われてみればそうかも知れないですね。
DJ-Devil  だから、重要なのは、進行に関しての判断はマスターがするっていう一点だと思えばいいんだよ。
 ルールの訂正に関しても、プレイヤーのなすがママじゃなくて、自分で判断する。
 どうしても都合が悪くて「間違ったルール」を使いたかったら、それを明言すればいい。
Angel  それは、アリなんですか?
DJ-Devil  オレはアリだと思う。
 マスターはシナリオを作るのに凄く苦労して来て、しかもセッションでもてんてこ舞いするんだから、プレイヤーサイドでもその程度には目をつぶるのが正解だと思うな。
Angel  難しいところですね。
DJ-Devil  いや、難しくも何ともない。
 プレイヤー同士では結構簡単に歩み寄りができるのに、マスター相手にだけは絶対譲らない、というプレイヤーは明らかにおかしいだろ?
 だって、プレイヤー・ゲームマスターという立場の違いはあるけど、そもそも「TRPGをプレイするメンバー」である事には違いはないんだから。
Angel  ああ、そういわれると、そうかも知れませんね。
DJ-Devil  マスターにだけは譲らなくてもイイ、って考えがオレには理解できないね。
 むしろ、マスターはいつもプレイヤーに気を使っているんだから、プレイヤーもちゃんと気を配らないと。
Angel  そうですね。
DJ-Devil  だから、プレイヤーの方もたまには目をつぶろうよ。
Angel  なんか、ずいぶん優しい言い方ですね。
DJ-Devil  そりゃあ、相手は読者だからな(笑)
 オレがいじめるのは如月翔也とAngelだけだって(笑)
Angel   Devilさん?
DJ-Devil  もとい、いじめるのは如月翔也だけです、ハイ。
Angel  よろしい。
 それでは、次の「教えて、DJ-Devil!」の予定は?
DJ-Devil  今のところ、ない。
Angel  それでは次回の「教えて、DJ-Devil!」は2日後を予定していま〜す☆
DJ-Devil  オイ。予定はないって言ってるだろ…
Angel  それではごきげんよ〜う♪
DJ-Devil  はぁぁ〜…2日後か…
Angel  えへッ☆

トラックバックURL: https://trpg.gigafreaks.com/devil/devil05.html/trackback

当ページへのコメント

コメントをお寄せ下さい。

コメントの投稿

トラックバック