TRPG.GigaFreaks.com

16.展開が…

教えて!DJ-Devil!!》 2009/12/17 16:19
DJ-Devil  Baaaaaaaaaad Night!
 最後の救世主にして世界を破滅に導くDJ-Devilだだだ!
Angel  アシスタントのAngelです☆
DJ-Devil  さて、今日は12月30日だな。
Angel  そうですね☆
DJ-Devil  さすがに、今年はもうこれ以上更新はしないでいいんだよな?
Angel  そうですね☆
DJ-Devil  じゃあ、最後だし、気合い入れて行くぞ!
Angel  お〜☆
DJ-Devil  …もうちょっと気合い入れような、Angel。
 じゃあ、早速お便り読んでくれぃ。
Angel  は〜い☆
 北海道は札幌にお住まいのLexusさんからのお便りです☆

 お訊きしたいのですが、『1回のセッション辺りのストーリー進み具合』が妙に遅いのですよ。私のGM。
 次回4回目になるのにまだ話が序盤。やっと周囲を巡る伏線が出て来だしたところ。
 いかがなものですかね。
 今は皆楽しみにして貰えているようですが、このままでは……。

 だそうですよ☆

DJ-Devil  さすがに掲示板からの引用だと無理があるな(苦笑)
 Angel、ちょっとまとめてみてくれ。
Angel  は〜い☆
 要するに、Lexusさんがマスターでキャンペーンをやっているんですけど、セッション当たりのストーリーの進み方が遅いので、このままでは飽きられてしまうのではないか、というお便りですね☆
DJ-Devil  なるほど。
Angel  それでは、DJ、お答えを!
DJ-Devil  飽きられる前に展開を早くしろ!
 以上、今年の「教えて、DJ-Devil!」はここまで!
 よいお年を〜!
Angel  …
DJ-Devil  …
Angel  …
DJ-Devil  …わかったから、その通称根性釘バットを後ろ手に握るのはやめろ。
 メチャクチャ痛いんだよ、それ。
Angel  駄目で〜す☆

 ボキャ!

DJ-Devil  フ、フルスイングは危険だろう、Angel。
Angel  除夜の鐘みたく、108発行きますか?
DJ-Devil  随分と凶暴だな、Angel…
 わかった、マジメにやるよ。
Angel  よろしい。
DJ-Devil  え〜と、Lexusクンは「飽きられるんじゃないか」という心配があるようなんだが。
 これについては、確かに心配の通りだと思う。
 毎回毎回展開が遅いと、どうしてもダラけた雰囲気になってしまうし、それを何度も繰り返していると、いざ展開を早くしようとした時にプレイヤーがついてこれない心配があるから、できるだけバラエティに富んだテンポで色々なシナリオをこなして行くべきだと思うな。
Angel  やっぱり、テンポは大事ですもんね☆
DJ-Devil  それに、時間をかけすぎちゃうと、せっかくの伏線が忘れられちゃう恐れがあるからね。
 そうなっちゃうと、「伏線をおぼえている前提」でやっているマスターと「全然おぼえていない」プレイヤーの間で色々と齟齬を来しちゃうし、マスター側としてもガックリの境地だろ?
Angel  そうですよね☆
DJ-Devil  だから、展開は「ついていける程度に」早いのが良いんだよな。
Angel  でも、展開を早くするのって、難しくないですか?
DJ-Devil  そうかな?
 オレはいつでも急展開の男だから、あまり気にしたことはないんだけど。
 でも、もしかしたらLexusクンもそれで悩んでるのかも知れないな。
Angel  そうですよね☆
 じゃあ、なにかいいアドバイスはありますか?
DJ-Devil  アドバイスかぁ…結構、難しいな。
 それじゃ、いくつかだけでも。
 その1.伏線は次回に解決!
Angel  え?
DJ-Devil  だから、今回張った伏線はなるべく次回に解決しちゃうのさ。
 そして、その伏線に沿った新しい伏線を張る。
 そうする事で、周囲がめまぐるしく変わるから、プレイヤーの集中力も刺激されて、なかなかいい結果になりやすいんだよ。
Angel  なるほど。
DJ-Devil  その2.適度にNPCとの関係を築き、その関係を変化させる!
 これは、NPCの人数を絞り込む事でプレイヤーに余計な脳味噌を使わせないという効果があるし、NPCとの関係が二転三転するとプレイヤーの方でも色々と考えなければならなくなるから、やっぱりいい刺激になるんだよね。
 それに、上手く行けばNPC自体が良い伏線になるかも知れないし。
Angel  確かに、NPCを20人覚えるよりは、5〜6人のNPCを中心に話を展開して貰った方がおぼえやすいですし、NPCにも感情移入しやすいですよね☆
DJ-Devil  その通り。
 そして、その3!
 たまには遅い展開を盛り込む!
Angel  はいぃぃ?
DJ-Devil  展開にアップダウンをつける事で、早い展開が更に早く思えたり、あるいは遅い展開がそれなりの重さを持って見えてくるようになるのさ。
 プレイヤー自身が早い展開に慣れちゃうと、やっぱりダレちゃうから、緩急を付ける事でこまめにプレイヤーを刺激してあげるのさ。
Angel  なるほど、早くする一方じゃ駄目なんですね☆
DJ-Devil  その4.たまには全然関係ない話を盛り込む事!
 毎回毎回伏線続きじゃ頭がこんがらかってくる事もあるから、たまには全然関係ない話を盛り込む事で、展開の緩急が更に明確になるんだよ。
Angel  なるほど。
 そんな感じでやって行くのがいいんですね?
DJ-Devil  まあ、上の4つに気を付ければ、随分と違うと思うよ。
 要するに、プレイヤーを飽きさせない事と、プレイヤーを慣れさせない事が両立すれば、大概のキャンペーンはちゃんとまわっていくから。
Angel  飽きさせない、慣れさせない、ですか。
DJ-Devil  そうそう。
 プレイヤーは生かさず、殺さずに、上手に手のひらの上で遊ばせてあげる事が大事なのさ。
 ついでに、自分も楽しめれば言う事はないよな。
Angel  邪悪な例えですけど…確かに、そうかも知れませんね☆
DJ-Devil  じゃあ、そろそろまとめに入ろうか?
Angel  そうですね☆
DJ-Devil  じゃ、Angel、頼むわ。
Angel  は〜い☆
 Lexusさんの心配通り、確かに遅い展開ばかりでは、飽きられてしまう可能性が十分にあります。
 それを避ける為には、同じペースでの展開にこだわらず、むしろ「ペースに緩急をつける」事で、プレイヤーを飽きさせず、そして慣れさせない事が大事ですね☆
 展開を早める為のテクニックとしては、「伏線をこまめに解決・張り直し」する事や、むやみにNPCを増やさず一人一人のNPCとの関係をこまめに変えて行くこと、そして一度早まった展開をストップさせて違うシナリオを盛り込む事で「慣れさせない」事などが効果的です☆

 といった所でどうでしょうか☆
DJ-Devil  ま、OKでしょ。
Angel  それでは、今年の「教えて、DJ-Devil!」はここまでで〜す☆
 次回は…
DJ-Devil  正月休みを挟むから、その気になったらアップするわ!
Angel  …え〜!?
DJ-Devil  たまには休ませてくれよ。
 根性釘バットでヤラれた傷も治したいし。
Angel  …まあ、少しだけなら☆
DJ-Devil  じゃ、次のDJ-Devilは1ヶ月後!
 良いお年を〜!
Angel  …ッ!
 1ヶ月も休ませませんから、ご安心を!
 良いお年を〜!
DJ-Devil  だから、釘バットはよせ、釘バットは。

トラックバックURL: https://trpg.gigafreaks.com/devil/devil16.html/trackback

当ページへのコメント

コメントをお寄せ下さい。

コメントの投稿

トラックバック