NO IMAGE

パープリングめ!

~とある神官のひとこと~  考えナシ、責任感ナシでトラブルメーカーなハーフリングへのひとこと。  戦闘中、する事がなくて部屋のドアを開けたら敵の増援が来たのにキレたらしい。

NO IMAGE

な?まるでマジックだろ?

~とある魔術師のひとこと~  魔法のファンブルで予想外の結果が出たときの魔術師のひとこと。  ちなみに彼は自分のマジックで呼び出したモンスターに半殺しにされた。  本人も驚くマジックはいかがなものかと思うが。

NO IMAGE

まずはダイスを振れよ。

~とあるプレイヤーのひとこと~  行動宣言し、あとはダイスを振るだけの状況で悩み始めたプレイヤーに対する隣プレイヤーからのひとこと。  悩んだところでダイス目が変わるわけでもなし。  悩むのであれば宣言前に悩んでほしいものである。

NO IMAGE

1ポイントも残さねぇ!

~とある狂戦士のひとこと~  キャンペーン終盤で宿敵と出会った際のひとこと。  どうやら前回はあと一歩で逃げられたらしい。  ちなみに、彼は有言実行どころかオーバーキルなダメージを叩きだし、「虐殺者」と呼ばれることとなった。

NO IMAGE

32.TRPGで勝つ方法

 最初に書いておくけど、これは俺の個人的意見だからね。  今回は、やこのページの根幹を覆す、「TRPGで勝つには!」という内容について。  結局、TRPGだって多人数でやってるんだから、マルチプレイヤーゲームに他ならないのさね。  さて。  今回は、ぶっちゃけた話、TRPGで勝つ方法について、論理的に触れてみようかな、と思います。  ま、怒り出す前に、ちゃんと一通り読んでみて下さいな。  それでは。  まず最初に、「どうやったらTRPGで勝った事にな...

NO IMAGE

31.人妻女教師 真昼のわななき

 貴方の持っている全てのTRPGのシステムの最初のページに、次の一文を挿入せよ。 黄金ルール  以下のルールはこのシステムに規定されている全てのルールに優先される。   黄金ルール1  「全てのルールよりも、ゲームマスターの判断が優先される」   黄金ルール2  「ゲームマスターは、”全員が”楽しめるように判定を下す」   黄金ルール3  「プレイヤーは”一人だけで”楽しんではいけない」 この原則、忘れてない? タ...

NO IMAGE

30.忘れてしまったヒトは、どこへ行くのだろう?

 最初に書いておくけど、これは俺の個人的意見だからね。  今回は、ここ最近のTRPGシステム、そしてTRPGのプレイ方法についての雑多な考えを。  ま、基本的にはイヤったらしい自称上級者的な文章なんで、嫌な人は読まない方が得策かも知れません。  「TRPGって、どうやって遊ぶのですか?」  「何の為に、TRPGを遊ぶのですか?」  「TRPGって、何が楽しいのですか?」  これは、凄く基本的な質問だと思うんですよ。  多分、私たちみたいなTRPG...

NO IMAGE

29.売っちゃいけないTRPG

 最初に書いておくけど、これは俺の個人的意見だからね。  今回は、最近ちょっとだけ頑張ってるな?という感のあるTRPG業界全体に喧嘩をふっかけちゃいましょう。  今回の主眼は「買っちゃいけないTRPG」ではなく、制作者サイドが「売っちゃいけないTRPG」についてです。  最近ず〜っと下り調子だったTRPG業界だけど、ここの所になってやや隆盛の兆し(?)を見せつつあるよね。  サプリメントの類はおいといて(苦笑)、ファンタジーではない、「新しい種類のTRPG」という...

NO IMAGE

28.Q&A?

 最初に書いておくけど、これは俺の個人的意見だからね。  引き続き、「プレイヤーに経験点?」「経験点?」の追加テキストになります。  前回の「経験点?」では、経験点自体について、DarkSide的な考察を展開しましたが、今回は「プレイヤーに経験点?」に寄せられた反響への個別Q&A(モドキ)です。 Q1.「どうして、プレイヤーに経験点を与えるのに反対なんですか?」 A1.  TRPGが「楽しむ」為のゲームだからです。  「プレイヤーが経験点を貰える」という事...

NO IMAGE

27.経験点?

 最初に書いておくけど、これは俺の個人的意見だからね。  最初は「プレイヤーに経験点?」の追加テキストとして作成しようと思ったのですが、追加テキストというだけでは汎用性にかけますし、反響に対する言い訳と思われるかも知れませんので、あえて「プレイヤー経験点」を含む大きな概念である、経験点に触れる事にしました。  今回は趣向を変えて、ちょっとした対話式で行こうと思います。  今回のDarkSideは、「プレイヤーに経験点?」を読んだ方も、読んでいない方も、是非読んで下さいな。 ...