TRPG.GigaFreaks.com

011:TRPGの変遷(第1世代)

TRPGコラム》 2009/11/15 1:15

 さて、最近はちょっと問題提起が多かった様ですので、今度はまっとうなコラムに挑戦してみましょう。

 私たちが楽しんでいる「TRPG」、これは初代D&Dが発売されてから様々な人に遊ばれ、その遊び方も変化して行きました。

 それに従ったのか、それとも時代をリードしていったのか、TRPGのルールも初代D&Dのルールに比べると、色々な形に変化をしています。

 では、TRPGはどのような変化を遂げて来たのかを、ちょっと振り返ってみましょう。

 TRPGの元祖と言えばD&Dです。

 そのD&Dをはじめとする初期のTRPGは、簡単にまとめてしまうと「迷宮と戦闘のゲーム」でした。

 「迷宮」という幻想世界でモンスターとの戦闘を楽しみ、そして冒険物語に付き物の「多大な財宝」を手に入れるというシチュエーションの「シミュレーションゲーム」の変化球、といったゲームでした。

 しかし、それでもTRPGは画期的(革命的)なゲームでした。

 プレイヤー1人が1人のキャラクターのみを扱う事により、今まではゲームの駒に過ぎなかった「キャラクター」に感情移入する事ができるようになった事。

 プレイヤー同士で競うのではなく、協力するという新しい形式。

 ゲームをまとめる「ゲームマスター」という存在により、かなりの自由度が保証された事。

 この全ての要素が、今までのシミュレーションゲームには決して存在し得なかった物であり、TRPGは「戦記物」を遊ぶシミュレーションゲームとは違い、「幻想文学」の重要シーンを楽しめるゲームとなったのです。

※このコラムは次のコラムに続きます。


トラックバックURL: https://trpg.gigafreaks.com/trpg-column/column011.html/trackback

当ページへのコメント

コメントをお寄せ下さい。

コメントの投稿

トラックバック