TRPG.GigaFreaks.com

020:個性と強さ

TRPGコラム》 2009/11/15 21:41

 最近の演技指向TRPGでは、作りたてのキャラクターでも戦闘面では結構強い、という物が多く見られますね。

 そのためか、普通の(演技指向ではない)TRPGをする時、「キャラクターが弱いと個性が立たないんですよね〜」というプレイヤーを見かける事があります。

 でも、ここでちょっと考えてみましょう。

 キャラクターが弱いと、個性は立たないものなのでしょうか?

 私は、これは違うと思います。

 戦闘面に関して「強い」「弱い」というのは、明らかに個性の一部だからです。

 足が速い、顔が良い、声が大きい、気が弱い、というのは個性です。

 それと同じレベルの個性として、(戦闘で)「強い」「弱い」というのがあるんですね。

 ですから、キャラクターが戦闘で弱くても、充分に個性は出せますし、むしろ弱い方が個性を出しやすいとも言えるでしょう。

 例えば、ただの雑魚との戦闘でも、弱いキャラクターであれば、なんとかしてそれを回避しようとするでしょう。
 それは、演技としてできる物ですし、それを演技する事でキャラクターは充分に立ちます。

 重大な敵との戦闘では、弱いキャラクターは、自分が弱い事を自覚した上で闘う決心をし、そして勝つ為にあらゆる手段を使うでしょう。

 強いキャラクターであれば、雑魚相手には「普通に」闘うでしょうし、重大な敵相手にも「ひるむ事なく」闘うでしょう。
 でも、それだけです。

 背景設定や主義・主張という絡みがなければキャラクターは立ちませんし、そのような絡みがあれば、弱いキャラクターでも充分にキャラクターを立たせる事ができるのです。

 そう、ですから、キャラクターを演じる・立たせる事にはキャラクターの強さは関係ないのです。

 強い・弱いはあくまでも個性の一部に過ぎません。

 キャラクターの強さや、システムの問題をあげる前に、自分の作ったキャラクターの全体の完成度を考えてみると、もっと色々な演技を楽しめるのではないでしょうか……?


トラックバックURL: https://trpg.gigafreaks.com/trpg-column/column020.html/trackback

当ページへのコメント

コメントをお寄せ下さい。

コメントの投稿

トラックバック