【日想】102:堂々巡りへの対処

 TRPGをプレイしていると情報が錯綜したり意見が別れたりして紛糾を始め、気づいたら延々意思決定が出来ないままに堂々巡りになってしまう場合があります。
 こういう場合、大体は脳が疲弊しているのが原因なので、10分くらい小休止を取る事をお勧めします。
 小休止中はあえてTRPGじゃない事をしたり話したりして意識的に今TRPGで向かい合っている問題からは目を逸して気分転換し、また10分後に考え直すと良いです。
 堂々巡りになる場合って概ね見落としがあるか「どれを選んでも一緒に思える」かのどちらかで、これは一回意識を切り替えて向き直すと意外と解決したりするものだったりするのです。
 小休止を挟んでもまた堂々巡りして結論が出ない場合は決断力が足りないのが原因なのでダイスを振るなりじゃんけんするなりで無理矢理方向性を決めたほうが早いかも知れません。

 どちらにせよ大事なのは選んで行動する事、行動した結果を受け取って次の決断に向かう事なので、堂々巡りするのは悪い事ではないんですが必ず「抜けなければならない」ものなので、堂々巡りした時の対処は覚えておくと良いと思います。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする