【TRPGな話】らしさだけがシステム選択の理由ではないので

 TRPGってシステムが細分化されているので「こういうゲームがしたい」というニーズがあればそれに向いたシステムを選んで行く事が可能で、そしてそれが最適解に近い答えにはなるのですが、システムの「らしさ」だけがシステム選択の理由ではないので、「こういうシステムで」どういうセッションがしたい、という選択も有りなのです。
 もちろんジャンル違いのシステムを無理やり使って遊ぶのが正解かというと必ずしもそれが正解かといえばそうではないんですが、近接ジャンルのシナリオをそのシステムで遊びたい程度のニーズであればシステムを変えるよりシナリオをコンバートする手間のほうが少ないのでその方が合理的という場合もありますし、都度判断にはなるのですが無理矢理やらなければそのレベルで正しい場合が多く、であれば目くじらを立てる必要もないと思うのです。

 システムが提供する「らしさ」も重要ですが、らしくなければそのシステムは間違いかというとそうでもないので、色々な傾向で遊んでみるのが良いと思います。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする