【TRPGな話】無理に面白い事を言わなくてもいいので

 TRPGにおいて「面白い事」を言って周囲を沸かせるのは貴重なスキルなんですが、それだけが唯一無二の価値観ではないので瞬間風速の面白さにとらわれる必要はないのです。
 セッションにおいて一番面白いのはそのキャラクター・プレイヤーが「その選択に至るまで」の葛藤だったりその選択肢まで絞り込むまでの道程であって、瞬間瞬間の面白さを優先する必要はなく、もちろん面白い事を言える人が遠慮する必要はありませんが、自分が月並みだなと思う人でもゲームをプレイしていれば必ず「面白い」選択をしているので、無理に周囲を沸かせる必要はありません。

 セッションでは一見一番ウケを取れている人が、ちゃんとしたリプレイにすると一番薄くて面白くない選択をしているという事も少なくはないですし、瞬間の笑いは芸に過ぎないのでこだわりすぎる必要はなく、それよりも1プレイを大事に積極的に遊んでいくようにしたいですね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする