TRPGな話一覧

NO IMAGE

【TRPGな話】CoCは一世代回ったので安泰ですよね。

 今日はサラッと軽い話を。  私が30年前にTRPGに本格的に乗り出した頃クトゥルフの呼び声はすでに一線級のシステムとして確立していたのですが、それから30年たった今も一線級のシステムとして確立しており、ユーザーの世代交代を一世代回った(もしかしたら2〜3世代行ったかも)わけなので、またしばらくは安泰というか一線級のシステムとして有り続けられる感じですよね。  世代が一個回るとシナリオなんかが全部使い回せるので非常に大きいと思っていて、世代を超えて同じシナリオなんかを遊べると最高に面白いです...

NO IMAGE

【TRPGな話】地蔵プレイヤーに困らない場合

 TRPGで一定数「困る」と言われているプレイヤー気質の中に「地蔵プレイヤー」というものがあり、要するに言動が少なく楽しんでいるかどうかが分かりづらい・絡みづらいプレイヤーを指すんですが、ある程度慣れたGMさんだと「地蔵プレイヤーがいても別に困らない」という感じになってきます。  どういう事かと言うとおおよそ「あまり言動が多くなくても行動宣言は引き出せているし周囲との絡みも自然な範囲内で出来ている」という形に落ち着くからなんですが、そうじゃない場合「困らない」GMが困ったちゃんな可能性がありま...

NO IMAGE

【TRPGな話】まあ地雷ですよね

 TRPGって「みんなで相互に刺激しあって遊ぶ」遊びで、平たく言うと卓球と同じで「相手がいるのが面白い」趣味なんですけども、中には驕り高ぶって自分の事を「熟練プレイヤー」「上級プレイヤー」「神プレイヤー」と称して参入してくる人が稀にいるんですが、まあネタで言ってるのでもないかぎりほぼ100%地雷ですよね。  言うまでもない事なんですが相手がいる趣味で百戦負け無しという話はありえないので、常に足元が危うい状態である事を意識していないとちゃんとは遊べないですし、ちゃんと遊べない人が面白いわけがない...

NO IMAGE

【TRPGな話】暴言:空気読めない人は2人もいらない

 カテゴリが違うんじゃないかという話なんですが、TRPGにおいて楽しくない状況が発生する原因ってほぼ「空気読めない人」がいる事だと思います。  TRPGって「お互いのプレイを見ながら楽しくやっていく」事が求められる趣味なので1人くらい空気が読めない人がいても周囲のフォローで楽しく出来てしまうんですが、残念な事に空気が読めない人が2人になるととたんに厳しくなって環境崩壊を迎えるのです。ちなみに私は空気を読めないタイプなので私以外に空気が読めない人がいる卓は駄目なんですが蛇足ですね……。  問題...

NO IMAGE

【TRPGな話】モチベーションはプレイヤーサイドでつけないと駄目ですよね

 あくまでも個人的な話なんですが、TRPGのセッションにおいてプレイヤーがゲームマスターに「キャラクターがシナリオに絡むためのモチベーション付け」を求めると碌な事がないというか、基本的にシナリオに絡むためのモチベーションはプレイヤーサイドで各々が自分のキャラクターにつけていくスタンスでないとスムーズに進行しないですよね。  正直マスターサイドからするとシナリオを作るだけで大変なのに導入のモチベーション付けを各キャラクターに求められるとしんどいと言うか、自分のキャラクターの行動くらい自分で制御し...

NO IMAGE

【TRPGな話】GMはセッションの責任者なのです。

 TRPG関係ではGMとプレイヤーに別れてプレイするのが一般的なのでGMのTIPSも色々積み上がっているんですけれども、一番重要なのは「GMはセッションの責任者(にすぎない)なのだ」という事ですね。  これって2つの意味があって、一つは「セッションの責任者はGMなので毅然と対応しましょう」という意味でもありますし、「せいぜいセッションの責任者であるだけなので謙虚に行きましょう」という意味でもあります。  GMはセッションに置いてインターフェースの役割を果たすので責任範囲が広いんですが、責...

NO IMAGE

【TRPGな話】好きなゲームは買おうよ

 TRPGな話というか、最近システム未所持でプレイヤー参加するどころかシステム未所持でゲームマスターをするすごい人がいるという話を聞いて驚いたのでメモとして。  マスターって「共通認識としてのシステム」を理解していないといけないので、システム未所持でマスターするのって無理筋だと思うんですよね、ルール裁定する時に最悪の場合「ルールブックXページの表記YによりZです」という言い方ができないとゲームマスターとしては失格なので(まあ言えなくてもいいんですが言える環境がないといけないので)ルールブック未...

NO IMAGE

【TRPGな話】ゲームにも休憩時間は必要

 基本的に今まで喫煙者だったのもあり(この5年は禁煙が継続していますが)、TRPGのプレイに置いては1時間に5分〜10分程度の休憩を必要とするタイプの人間だったんですが、今タバコをやめてからもやっぱり1時間に5分〜10分の休憩が欲しいと感じており、多分なんですけど全般的に言える事として頭脳系の労働は1時間が集中力の限界で、それを超えるなら都度の休憩が必要なんじゃないかと思います。  特にシナリオ終盤で煮詰まっている時なんかは残り時間の兼ね合いもあって休憩が取りづらい部分があったりするんですが、...

NO IMAGE

【TRPGな話】自分から積極的に絡みに行きたいですよね

 TRPGをプレイする時、相手が身内であろうともワンオフで初めてな相手であるにせよ、基本的には自分から積極的に絡みに行きたいですね。  基本的にはじめての環境って不安定で誰もナーバスになりがちなので誰かが動かないと始まらない部分があり、そしてそれを知っているのであれば最初の発言は自分であるべきで、アイスブレイキングから実際に絡むところまで全てをフォローできるとセッションのメンツとして存在力が強くなりますよね。  余程の事がない限り絡まれて嫌なプレイヤーさんって滅多にいないですし、絡まれる事で...

NO IMAGE

【TRPGな話】継続的にお金がかかる趣味でもありますよね。

 TRPGは一回お金を出したら当分の間初期投資だけで遊べるコスパの良い趣味なんですが、長く遊ぼうと思うとサプリの追加・リプレイの発売・版の更新なんかで定期的にお金が出ていく趣味でもあるので、結局なんだかんだ言って継続的にお金がかかる趣味でもありますよね。  とは言え継続的にサプリやリプレイが出ないとサポートも切れてしまいますし、公式からの情報の供給はゲームを長く遊ぶのに必須のポイントなので継続的にお金がかかってくれた方が良いという話なので、好きなシステムは長くサポートされて末永くお金を吸い取ら...

NO IMAGE

【TRPGな話】体調管理には気をつけて下さい

 リアルでインフルエンザが流行しており周囲でも人がバタバタ倒れていくので、TRPG関係でも気をつけて下さいね、という事で。  オンセがない時代、風邪やインフルなどの体調不良は「伝染る」のでセッションへの出入り禁止が絶対条件だったんですが、オンセになると多少の体調不良でも「伝染る」心配はないので油断しがちなんですが、体調不良の時のセッションって負担が重すぎて状態を悪化させる可能性が非常に高いので、オンセでも体調不良の時はちゃんとごめんなさいしてお休みをとった方が良いです。  伝染る軸と悪化...

NO IMAGE

【TRPGな話】常に全力が出せるとは限らないので

 実生活ではいつも疲れや想定外の出来事が起きて「100%の力」を発揮するのは難しい、というのは誰もがわかっている事だと思うんですが、TRPGで自分のキャラクターのダイス目が悪いと「なんでカタログスペックがでないのよ!?」みたいな気持ちになるかも知れません。  しかしまあセッションというのはそのキャラクターの人生の一部を切り抜いただけのものなのでたまたま疲れが溜まっている瞬間だったりバイオリズムが低下している時期だったり密かに悩み事を抱えていてフルパワーが出せない状態だったりするという解釈がある...

NO IMAGE

【TRPGな話】わからない所がわからないではわからない

 TRPGをやっていると新規ルールや追加ルールが難解になっていってそれってどういう意味?という感じになってくる部分があるかも知れないんですが、今わからない部分を放置しているとそこを踏まえてさらに先の話になった時についていけないと言うか、わからないの上にわからないが重なるとわからない所がわからなくなるので早めにヘルプを投げて行く方が良いかも知れません。  TRPGって文章でルールが構成されるので文章では掴みづらい部分だったり、人に聞けばわかるけどもルール単体ではわからない事ってあると思うので、ネ...

NO IMAGE

【TRPGな話】お客様根性では遊べない

 TRPGってわりと「回数から見れば安価」な趣味だとは思うんですが、初期投資がなかなかの金額になる事が多く、「回数遊べば単価は安いよ!」っていう話ではあるんですけどもシステム揃えてコンベに行ってはじめてのプレイ、みたいな感じになると金額的な負担も重いですし、コンベで会場費頭割りでも「お金を出す」事になるので「どうせなら楽しませて貰おう」っていう感じになってしまうかも知れません。  まあ結論から言うとTRPGはお金を出していようが出していまいが「楽しむ」のは自己責任というか能動的に楽しめ、という...

NO IMAGE

【TRPGな話】セッションとお菓子(キャラクターシートの扱い)

 TRPGセッションにおいてお菓子の存在は結構大きいと思うんですが、好きなお菓子を食べながら愉しめばいいんですが食べるお菓子によって指先が油で汚れたりしてキャラクターシートが汚れるという問題があったりするんですが、私は個人的には好きなお菓子を食べてキャラクターシートは汚れたら新しいのを書くくらいの気持ちで良いのかな、と思っています。  もちろんキャラの外見を人に書いてもらっている時なんかキャラクターシートが気軽に交換できなくて困るという事はあると思うんですが、それならイラスト欄をラミネートして...

NO IMAGE

【TRPGな話】オンセの功績:環境からメンツを選べるようになった

 TRPGでオンセがよく遊ばれるようになって久しいんですが、オンセの功績の一つに「環境からメンツを選べるようになった」という部分があると思います。  今までクローズドか人の出入りの少ない環境にいた場合、「このシステムで、このサプリを使って遊びたい」と思っても環境の皆がそれを揃える事が難しく、そのシステム・サプリで遊ぶのが難しい現実があったのですが、オンセに寄って「この環境で遊びたいです」という立卓方法が可能になったので、ゲーム環境を指定してメンツを選ぶという方法が可能になったのは大きいと思いま...

NO IMAGE

【TRPGな話】普段どおりの力が出せればそれでいいのです

 TRPGに限らず「物語メディア」では何かの理由によって「普段以上の力を出す」シチュエーションが格好いい、という感じになりがちなんですが、キャラクターもプレイヤーも普通に生きている人間として「普段どおりの力が出せれば十分」なんですよね。  プレイヤーは実人間なので自分の実力以上を出そうとしたら何か代償が必要になりますしプレイのたびに代償を払っていたら人生がスカスカになるのでオススメできないですし、キャラクターはカードやダイスで結果を決める存在なのでイカサマでもしない限りは普段どおりの実力しか出...

NO IMAGE

【TRPGな話】何を持たせるかでキャラクター性が出ますよね

 キャラクター作成の時やインタープレイの間にアイテムリストを見て所持アイテムを決めるのも楽しいものですが、便利なもの・使うものだけではなく「そのキャラクターらしい」ものをもたせられると面白いですよね。  強面の戦士が子供相手用に飴玉をいくつかポケットに忍ばせているとか素朴な女性キャラがちょっと良い手鏡をもっていたりしているとキャラクターに深みが出てとても良いと思います。  実質的になんの意味もない「キャラクターシートに書かれているだけ」のアイテムというのもなかなか悪くないと思いますので、...

NO IMAGE

【TRPGな話】システムなしでのゲームプレイの指針

 まああくまで個人的な意見という前置きの上でのお話ですが、TRPGの初心者さんとかそのシステムを買うかどうか迷っている人などシステムを買わせる前の段階で試しにプレイしたいニーズがあるとして、どこまでフォローしていいのかな、という部分です。  ネット上で情報共有するとどこまでも拡散する可能性があるのでいちいちデータ部分まで教えているとシステムの完コピが可能になったりするので「どこまで」かという線引は重要だと思うんですが、私個人的に言うと「判定方法までは教えていいが特技やスキルの詳細については共有...

NO IMAGE

【TRPGな話】趣味なんですから無理しなくて良いのです。

 TwitterなんかでTRPGの人をフォローしていると凄い勢いで卓経験を積んでいたり凄い勢いでキャラを演出していたりで「凄いな」と思う事があると思うんですが、それをみて奮起するのは良いんですが、良い影響の範囲を超えて自分と比較して落ち込んだり、その人のマネをしようとして無理をしようとしたりするのは良くないです。  TRPGは基本的に趣味なので、無理しなくていいのです。  そして貴方が影響を受けている人は他人に影響したくて遊んでいる訳でもなく、ただエネルギーを持っていくなら自由ですがそれを越...

NO IMAGE

【TRPGな話】終わってしまったものは仕方がないのです……。

 新年早々どうかなと思ったんですが三が日も済んだのでまあ良いかと思いまして。  TRPGのサポートって永遠に提供されるものではないので、ゲームとしては永遠に遊べるんですがシステムとしては終わりのタイミングがあるんですよね。  良いシステムで後継システムが出る場合もありますし、そうでなくてディスコンとなってしまうものもあるんですが、後継システムが出た場合でも前のシステムのサポートは切れるのでどこかで終わりが来てしまいます。  非常に悲しい事なんですが、これはキャンペーンの終わりと一緒で、「長...

NO IMAGE

【TRPGな話】ダイスロールでダイスがこぼれた場合、どうしてますか?

 完全に雑談というか戯言なんですけども、TRPGでダイスを振る時、1個か2個のダイスがこぼれてしまった場合、ダイスロールをやり直しにしていますか?それともこぼれた分だけ振り直していますか?  私はこぼれた分だけ振り直しを支持する方なんですけども、何故かと言うと「1個こぼれたら全部振り直し」ルールだと意図的にダイスを遅らせて振って出目が悪そうなら1個外に放り出すという運用が理論上可能なので穴を塞いで起きたいニーズです。  そんな運用を実際にできる奴はいない、という話なんですが、理論上の抜け道を...

NO IMAGE

【TRPGな話】ルールブックの棚卸し

 TRPGな話というか雑談ですけども、年末で大掃除する中で所蔵するTRPGの棚卸しをしており、「買ったけども未プレイのシステム」が結構ある事に驚きを感じております。  基本的にプレイする事になったTRPGは全部買いますし、その他に気になったシステムも全部買っているんですけども、そうすると結局プレイしないままにデッドストックするシステムが出てくるのは悲しいですよね。  せっかく買ったシステムなのでからプレイに使えればそれに越した事はないですし、来年はそこらのゲームを集中的にプレイしていこうかと...

NO IMAGE

【TRPGな話】順を追って理解していけば良いですよね

 TRPGを35年近くプレイしているので実年齢も結構上がっていまして、脳が古いので新しい情報の咀嚼に時間がかかるようになってきたのです。  そのため、新しいTRPGシステムに挑戦する時にデータの読み込みが結構キツくて、頑張って読んでいくんですが一個一個の特技の咀嚼が間に合わないのでエッジの効いたキャラが作りづらい感じになっています。  まあ1回その特技を使って確認すればなんとなく使い方はわかるので、一つ一つの特技をちゃんと段階を踏んで理解していけば良いだけの話なので「だからどうした」という話...

NO IMAGE

【TRPGな話】たまには変化球も

 TRPGってやっている内に得意分野と言うか特定ジャンルに強くなってくる傾向があると思うんですけども、やり込めばやり込むほど味が出て楽しみも深くなっていくのでどんどん踏み込んでいっていいのですが、好みに対して直球だけ投げていくのもいいんですが、たまに変化球を投げるのも楽しいものですよ。  前衛主戦力が得意な人なら後衛の援護系を試してみるだとか、パーティの引率役が得意なら狂言回しを、なんていう感じで普段と違うキャラをやってみるのも面白いと思います。  普段やっている事と違う事をすると勝手が...

NO IMAGE

【TRPGな話】ゲームを買った時の気持ち

 自分へのクリスマスプレゼントにニンテンドースイッチのオクトパストラベラーを購入しまして、これからプレイ開始する予定なのですが前々から評判が良くて気になっており、気持ちも高ぶっているのです。  思えば昔からゲームを買うというのは特別な行動で、決して多くはない自分の小遣いから何を買うかを選択しお金をためて買って大事にプレイする、という、そもそも買う前から特別な気持ちにさせてくれるものなんですよね。  もちろんTRPGもそうで、新しい世界観、新しいキャラクターへの思いは大きいですし、買う前にテス...

NO IMAGE

【TRPGな話】物語観の違いは年長者が寄せていくべき

 TRPGって趣味としては日本に広まり始めてからもう30年以上(下手したら40年)経過しているので、初期の青少年プレイヤーはもう壮年になっているので今から参入してくる青少年プレイヤーと比較すると世代差と言うか年齢差が結構な事になっていて、そしてTRPGって物語を内包するメディアなので世代の物語観が違うとプレイ感も変わり、感性の差がプレイ満足度を変えかねない状態なので結構ナイーブな問題だな、と思っています(まあ個人的に思っているだけなんですが)。  物語観という部分でいうと読んでいる量が多い方が...

NO IMAGE

【TRPGな話】キャラクターとロールの間

 TRPGな話も100個目になりました。結構頑張って続いている感じですね。  個人的な話なんですが映画をみたりゲームをしたりする中で「キャラクター」というのを掘り下げていくと、そのキャラクターが持つ社会的な立ち位置って無視できないと言うか、キャラクターの一部に社会的な背景があるんですよね。  簡単に言うと「男の子だから泣かない」っていうだけで男性のジェンダーロールを背負っている訳ですし、「警官として見逃せない」というのであればキャラクターは自分が警官である事に誇りを持っているという事が織...

NO IMAGE

【TRPGな話】シーンの目的をはっきりさせる

 子供と嫁さんに誘われて「とびだせどうぶつの森」を始めたんですが、虫を取って魚を釣って村を発展させるというゲーム、基本はゼルダの伝説ブレスオブザワイルドと変わらないはずなんですがなぜかゼルダに比べると熱中できないと言うか、やっていてメゲてくるのです。  どうしてだろうな、と思って考えてみたんですが、ゼルダの場合「ガノンを倒す」という最終目標があって、そのために装備が必要でそれを買うために虫を取って魚を捕る、という「ブレイクダウンした目標」があるんですが、とび森の場合「良い村を作る」ために「施設...

NO IMAGE

【TRPGな話】平等にリソースを使えるといいですよね。

 TRPGは基本的にマルチプレイヤーゲームなのでリソースの食い合いになる傾向があり、アナログゲームとしてのTRPGのリソースとはほぼイコールでプレイ時間に換算されるので、特定のプレイヤーが大活躍すると他のプレイヤーの時間的リソースは食われる方向性になりがちですよね。  しかしTRPGはストーリーのメディアですし情緒のゲームでもあるので「リソースの食い合い」を良しとするのも違う方向性だと言える状態で、できるならば全員が平等に時間を活用してプレイ時間の最適化を図る事ができるのが理想だと思います。 ...

NO IMAGE

【TRPGな話】ロールプレイの「ロール」って深いですよね……。

 何故か子供たちの「とびだせどうぶつの森」熱が再燃し、嫁さんも巻き込んだ挙げ句に「パパもやらないの?」と言い出してきたので4つ目のとび森を買ってきて今日始めたんですが、とび森のロールって新任村長じゃないですか。自分に接してくるキャラクター全てが「貴方が新人村長ね」という態度で接してきて自分のキャラクター性を気にしないと言うか、「新人村長」という「(村社会での)役割演技」を強要してくるんですよね。  まあそれをするためのゲームなので強要されて構わないですしその方個性でおしてくれないとゲームになら...

NO IMAGE

【TRPGな話】TRPGの楽しみはマルチプレイヤーによるものです

 TRPGって基本的に1人では出来ない遊びで、最低でもゲームマスターとプレイヤーの2人、普通ならゲームマスターと複数のプレイヤーが参加するものです。  そしてTRPGの楽しみの1つって、まさに複数名のプレイヤーが参加する事によるもので、自分と違う感覚・感性・考えを持った人が同卓する所が大きなポイントで、プレイヤー間でのコミュニケーションだけでも面白さは格段に広がると思います。  こういう場合「他のプレイヤーが居るのが楽しい」はイコールで「自分も存在する事で楽しみを提供している」という事で、こ...

NO IMAGE

【TRPGな話】攻める側はいつも楽・守る側はいつも事後対処

 TRPGに限らずストーリーメディア全般でそうなんですけども、何かについて「攻める側」と「守る側」があるとすると、いつも「攻める側」が楽なんですよね。  そもそも攻撃と防御でいうと攻撃は1箇所を狙って全力で攻めればいいんですが防御側は全体をしっかり分散して守らないといけないので、同じ力量なら攻める側が常に有利なんですよ。  そして守る側というのは攻められて初めて守る必要性が出てくるものなので、人にせよ法にせよ守るものは事後対処、本質は常に手遅れ、なんですよね。  そういう意味で練度が同じで...

NO IMAGE

【TRPGな話】上手く付き合っていこう

 TRPGでよく問題になるプレイマナー的な問題ですが、話術重視プレイヤーが戦闘で役に立たないだとか戦闘重視プレイヤーが戦闘以外寝ているだとかいう問題って結局「自分の興味が薄いところにどこまで付き合えるのか」という問題だな、と思いました。  もちろん自分の好きなとろこだけつまみ食いしてTRPGを楽しもうというのは基本的にムシのいい話で、プレイヤーが色々いる分「楽しみのポイント」が違うのは織り込み済みで、自分の楽しいシーンには他の人にも付き合って欲しいですし、自分が興味が薄い部分でも上手く付き合っ...

NO IMAGE

【TRPGな話】ハードルを上げすぎない

 TRPGって自分の持っているTRPG以外の趣味を活かせる趣味なので、TRPGセッションにおいてイラストを書く能力だったりBGMを選定する能力だったりプレイにおいてもアドリブ能力仕込み能力大喜利能力なんかが生きる人が多数いて、自分がプレイしている時に何もできていないな、みたいな気持ちになる可能性があるかも知れません。  しかしTRPG外能力はTRPGには直結しないというか、「あると凄いね!」という能力であってないと駄目な訳でもないですし、それを素で求めても無理なものなので、セッションにおいては...

NO IMAGE

【TRPGな話】「嫌い」を大声で言うのは良くない

 TRPGに限らないんですが、人間みな人それぞれに好き嫌いがあり、気に入っているものや苦手なものなど色々あると思います。  もちろんTRPGは趣味なのでTRPGにおいては好きなものを身近において嫌いなものを遠ざけるムーブで全く問題ないんですが(まあ嫌いな物でも食べられるようになると捗る、という話は別として)、趣味を語るにおいて「好き」を語るのは大いに結構なんですが「嫌い」を語るのはあまり良くないので、そこは注意が必要です。  好きを語るっていうのはリスペクトの表明につながるので大変良い事なん...

NO IMAGE

【TRPGな話】お約束を踏襲する事を恐れないで

 個人的にはTRPGってストーリーを伴う遊びなので、ストーリーが消費される傾向にあるというか、「毎回同じ展開」はあきるので変化球を投げたいニーズが発生する事ってままあると思うんですよね。  もちろんそれが良い悪いという事ではないんですが、初心者を抜けたあたりから「お約束」を避けようとしがちというか、ありがちな展開ではない展開を求めがちになるんですが、お約束っていうのは長らく続いた「今まで最も面白かった・無理がなかった」展開なので、盲目的に避けるのではなく取り入れる部分を取り入れながら遊んでいく...

NO IMAGE

【TRPGな話】スケジューリングのコツ

 TRPGに限らないんですが、主にオンラインでなにかのスケジューリングをしていると「自分はボールを投げたけど誰からも帰ってこない」状況になってそのまま予定が立ち消え、になる傾向がわりとあると思うんですよね。  自分はボールを投げたので動くスタンスではないけれども他の誰もボールを返してこないしどうしよう、と思っている内に話が流れてしまって予定が一個消える、というのも寂しいので、オンラインでスケジューリングをするコツなんですが、「ボールを投げた後でもあっけらかんとして【予定どうなってる?】と聞く事...

NO IMAGE

【TRPGな話】TRPGは鍋パーティと一緒なので

 個人的になんですけどTRPGのセッションって鍋パーティに似ていると思っていて、鍋というテーマで集まって何を持ち寄って何を食べるのか、という部分がセッションの本質なんじゃないかと思うんですが、だとすると鍋というテーマ(TRPGという遊び)を選んだ以上あくまで鍋の範囲で楽しむべきで、自分が好きだからといってガムやチョコレートを鍋に入れないのがコンセンサスで、そこを間違うと持ち寄った本人以外楽しめない結果になるんじゃないかなと思いました。  TRPGって色々な趣味とジョイントして遊べるんですが、卓...

NO IMAGE

【TRPGな話】TRPGは「共有」の遊びなので

 TRPGってコミュニケーションのゲームだと言うんですが、私は本質は「共有」にあると思っていて、同じ世界観を共有して各キャラクターの背景を共有してプレイヤーの興味を共有して、と基本的にTRPGで行われるすべてのコミュニケーションは何かを共有するために行われていると思うんですよね。  そして本質がそこにあるのだとすると、共有する必要のない事や共有され得ない事は本質とは異なるという事なので、独りよがりと言うか独創や独走は本質ではなく、隠し玉や騙し討ちも本質ではなく、むしろ自分の持っている価値観や興...

NO IMAGE

【TRPGな話】ゲーム開始から最初の快感までの距離

 実は先日NEOGEO miniという昔あったNEOGEOという種類のアーケードゲームのソフトが40本入ったいわゆるミニファミコンを買った訳なんですけども、私がプレイする前に興味津々な息子共がハマってしまいメタルスラッグや得点王、サムスピ零スペなんかを一生懸命にプレイしていて私が入り込む隙間がありません。  まあ20年以上前のアーケードゲームがそんなに楽しいのか、と思う半面、当時の事を考えると100円玉を握りしめて狂ったようにプレイしていた記憶があるので、「100円を入れてから快感を得るまでの...

NO IMAGE

【TRPGな話】キャラクターの持ち込みについて思う事

 まああくまで「個人的な意見としては」という話なんですが、TRPGのワンオフセッションにおけるキャラクター持ち込みについて思う事をつらつらと書いてみようと思います。  基本的にダイスを振ってキャラクターを作るシステムじゃない限り「前回どこかのセッションで使ったキャラと同一のデータのキャラクターを作成する事は可能」なので、キャラクターの能力という意味ではワンオフセッションにキャラクターを持ち込んで貰うのは全く構わないと思うんですよね。同じように作ったら同じキャラになったというだけの話なので、「前...

NO IMAGE

【TRPGな話】全くの素人さんと遊ぶ場合の準備もしておきたいですよね。

 今日はちょっと大きめなアナログゲーム会に参加して、アナログゲームが初めてな親子さんや興味はあれどあまりやった事のない子供なんかを相手にしてきて思ったんですけれども、閉じた環境でTRPGをやっていると、「TRPGがそもそもわからない」という人やジャンルについて事前知識がまったくない人もいるという事を忘れがちだと思うんですよね。  コンベンションやオープン例会をしている環境だと全く何も知らない人が定期的に入ってくるので意識されやすいんですけども、閉じた環境で人の出入り無しでやっているとそういう部...

NO IMAGE

【TRPGな話】利点と欠点を比べて利点が大きければ採用すべきなので

 TRPGの話に限らないんですけども、何かをする時に「欠点」だけを挙げて駄目だしをするよりも利点と欠点をちゃんと洗い出して検討する方が良いんですよね。  そのプランで発生する欠点はもしかしたら運用で解決する問題かも知れませんし欠点は欠点でおいておいて他で挽回する方法を考える余地があったりするので、「ネガティヴな情報だけをもとに案件を検討する」というのはあまり良くないと言うか悪手の部類に入ってしまう行動だと思います。  個別の問題だけで検討するよりも持っている案件すべてを並べて利点欠点を相殺し...

NO IMAGE

【TRPGな話】提案は良いが指図は良くない

 TRPGで一緒にプレイしていると人が考えている時に一緒に考えたくなる事ってありますよね。  もちろん選択肢は選ばせられるその人本人の問題だし責任なので最終的な判斷はその人自身がするべきだし他に方法はないんですが、声を出して「こういう考え方はどうだろう」「こういうやり方はどうだろう」という話をしたくなる時はあると思います。  しかしまあ本人の選択肢だと言っても視野を広げたり視点を広げたりするのは基本的には良い事なので、その人の選択肢に対して自分が意見をいうのは一概に悪いわけではないんですよね。 ...

NO IMAGE

【TRPGな話】プレゼンの上手さに学ぶところがある>Apple発表会

 まああんまりTRPG関係ない話なんですが、Appleの発表会を見ていてプレゼンの上手さにGMとして学ぶべき部分があるな、と思ったのでメモしておきます。  見せたい部分にクローズアップして語る手法はビジネスだけでしか使えない物ではないので、仕事なり趣味なりでプレゼンに触れる時にはマスタリングの参考事例としてみると面白いのではないかと思いました。

NO IMAGE

【TRPGな話】Flashの終了とどどんとふ公開の関連について

 今更感はあるんですが、今後Flashが完全終了されるにあたって、今公開しているどどんとふはFLashのサポート終了に合わせてクローズする予定です。サポートされていないソフトウェアを公開し続ける訳にはいかないので。  代替案として今どどんとふをAir化するプロジェクトがあるようなのでそれを追うか、全く別の方法を探る方向性になりそうです。  まあまだ1年以上ある話なので緊急ではないですが、終了は差し迫っているという事実は忘れてはいけません。

NO IMAGE

【TRPGな話】コード:レイヤードのSSSは本扱いじゃなかった

 Amazonでコード:レイヤードのSSSを買ったんですが、これ、Amazonの中では本として扱われていなかったようで配送料を取られていました。びっくり。  とりあえず届いたのは家族の目に止まらないところに隠して、家族が寝た後にゆっくり読ませてもらおうと思います。  幾つかシナリオをこなす中でバランスも見えてくるでしょうし、オリジナルシナリオはそれからで良いかな、と思っています。

NO IMAGE

【TRPGな話】楽しい作業

 ニンテンドースイッチでモンスターハンターダブルクロスを購入し、モンハンとしてはP2G以来のモンハンを楽しんでいるんですが、モンハンって敵の倒し方を身に着けてさえしまえば後はもう作業なんですよね。でも楽しい。  モンハンの作業のどこが楽しいかを考えてみると、やる事は決まっていても作業の手際で時間が変わる、ある程度最適化の余地がある、ランダムによって得られるものが違う、なんかがポイントなんじゃないかと思います。  そしてそれをTRPGに当てはめてみると、ダンジョン攻略って楽しい作業なんですよね。 ...

NO IMAGE

【TRPGな話】オリジナルの呪文やアイテムは良し悪し

 TRPGセッションにおいてシステムのルールブックやサプリにないオリジナルの呪文やアイテムを出すのは楽しい物なんですが、その呪文やアイテムを入手したキャラクターがGMのコントロール範囲を超えて別のGMさんのところで使われたりするととたんに困り物になってしまうんですよね。  まあ持ち込みキャラの持ち込み呪文・アイテムについては究極的に言えばいくらでも捏造が可能なものなので受け入れ側が対処していくしかないんですけども、持ち出しさせる側には全く責任がないかといえばそうではないので、注意が必要ですね。 ...

NO IMAGE

【TRPGな話】シナリオ集を買うのは久しぶり

 子供がコード:レイヤードを遊びたいと言うのでコード:レイヤードのSSSを注文しました。  シナリオ集を買うのは久しぶりというか、下手すると10年ぶりくらいになるんじゃないでしょうか……。  今自分のTRPGのキャリアのリブートをかけているので、情報をインプットする意味合いでもシナリオ集は有用だと思うので、届いたらゆっくり読もうと思います。

NO IMAGE

【TRPGな話】システムは継続的にお金がかかる方が望ましいので

 活気のあるTRPGシステムを追っていくと、サプリ・シナリオ・版上げと次々に買うべきものが増えていって金銭的にキツくなるんですけども、キツい内が華なので一生懸命に追うべきですね。  コレ系のものって一回活気がなくなると商品が出ない・売れない・余計に出ない・さらに売れないのスパイラルに落ちこむので、逆に人気がある・商品が売れる・続きが出る・さらに売れるのスパイラルの方が断然良いんですよね。  そういうわけで手広く色々なシステムに挑戦すると小遣いがキツくなるんですが、それも幸せだと思って受け入れて...

NO IMAGE

【TRPGな話】そろそろ家族卓セッティングするかな……。

 しばらく面倒だったので放置していたコード:レイヤード家族卓ですが、長男くんが早く続きを遊ばせろとせっついてきたのでそろそろセッティングしようかなと思います。  長男くんはGMにも興味があってCoCを一生懸命に読んでいるので、頼もしいTRPG仲間が家族に一人増えるかと思ってワクワクして見守っています。下手に口を出すと芽を摘みかねないので基本は見守りスタンスで。  とりあえずプレイヤーであと2~3セッション遊んで貰ってからGMに挑戦してもらえるといいかな、と思っています。

NO IMAGE

【TRPGな話】比較するとキツくなるので

 TwitterやFacebook、Google+なんかをやっているとTRPG関係のフォロワーでバリバリTRPGをプレイしていたり、熱い気迫でゲームについて語っていたり、とにかく熱量や回数で敵わない相手がゴロゴロしていて、どっちかというとフォロワーの中でそっちのほうが大多数だったりすると、同じ趣味なのに自分は何をしているんだ、自分の熱量でTRPGを好きと言ってはいけないんじゃないか、みたいな追い詰められ方をするんですけども、そもそも熱量や回数で「比較する」っていうのが間違いなんですよね。  ラ...

NO IMAGE

【TRPGな話】自分のプレイしたいシステムを

 今、自分のプレイしたいTRPGシステムをそれとなーく仲間内に宣伝してシステムを買わせるのに成功してきていまして、後は私が黙っていても誰かがGMをすると言い出すので私はプレイヤーができるという寸法です。嬉しいです。  基本的に狭い身内でTRPGをやっていると、自分が入れ込んでいるシステムは持っているのが自分だけ=自分は常にGMという悲しい状態になりがちなので、たまにこうやって人に買わせるのに成功すると嬉しいもんですね。  まあ「みんなシステム買ったから翔也マスターして」という度肝を抜...

NO IMAGE

【TRPGな話】受け身だと機会が少なくなるので能動的に

 まあTRPGに限らない話なんですけども、特に趣味について、受身の姿勢で楽しい事を待っていてもそんなに機会は転がっていないんで、自分で楽しい事をする機会を設けていかないともったいないな、と思います。  きっかけって大事で、みんなが「そろそろセッションしたいな」と思っていても、誰かが「そろそろセッションしましょうよ!」って言わないとセッションは運営されないんですよね。そういう意味で声を上げる側に回らないとチャンスが回ってこない事はママあるので、声を上げる側に回った方が良いです。  そんなわ...

NO IMAGE

【TRPGな話】趣味っていうのは……。

 まあTRPGに限らない話なんですが、趣味っていうのは良い点が2つあって、1つは趣味そのものが楽しいという点、もう1つは趣味を通して人間関係が構築できる点があるんですよね。  難しい話にする気はないんですけども、趣味はそのものも楽しいけど、それについて語れる仲間ができる事が楽しいし、実際語るのも楽しいと思うんですよ。  そしてTRPGのイケてるところは言語的コミュニケーションにおいて成り立っている趣味なので、プレイそのものが趣味について語っているのと大差ない部分と、プレイが終わった後も自...

NO IMAGE

【TRPGな話】セッション中に他の事をするのはお勧めできない

 オフセだと目の前にいるのであんまり起こらないんですが、オンセだと目の前にみんながいる訳ではないのでセッション中に内職が可能なんですよね。  もちろんセッション中に他のプレイヤーにチャットを投げて内緒話をするみたいな内職はプレイの本番に関わっているのでいいんですけども、そうじゃなく、ソシャゲをプレイしながらのセッション参加だったりアニメを流しながらのセッション参加は良くない結果につながりやすいのでお勧めできません。  人間複数の物事に集中するのって難しいですし、他の全員が一つに集中している中...

NO IMAGE

【TRPGな話】新しいメンツ入れるか……。

 昨日CoCをやりたい問題でパパと長男のデュアルKPが誕生する運びとなったわけですが、CoCをプレイするメンツで悩んでいまして、長男次男嫁さんの3人は確定として4人目はどうしようかと思うのです。  コード:レイヤードで一緒に遊んでくれているお姉さんを誘う手もあるのですがセッションが分散するのは良くないのと、そのお姉さんが都合を合わせるのが割りと大変な人なので別のメンツがいればそれに越した事はないんですよね。  長男のクラスメートにCoCのプレイヤーがいるというので、その子を誘うのも手かな...

NO IMAGE

【TRPGな話】子供にGMを覚えて貰う事になった

 長男が私の持っているCoCに興味を示し、パパにKPをしろと言ってきたんですが、パパはKP経験がない事、パパばっかりGMでパパがプレイヤーできないのは不公平だと訴えたところ、じゃあ長男もGMをやる、という話になりました。  肝心のCoCは長男もプレイヤーをしたいというのでkPはパパと持ち回りという事で話がつきました。  これで家庭内に3人目のGMが誕生するわけです。(2人目はママなんですが忙しくてGMどころじゃない&基本的にPL専な人なので)  どうなるかはわかりませんが先が楽しみです...

NO IMAGE

【TRPGな話】そろそろセッションをセッティングしよう

 前回のTRPGセッションから1ヶ月以上が経過したので、そろそろ新しいセッションでもセッティングしようかなと思います。  若い人みたく週3みたいなペースでは遊べないんですがある程度は定期的に遊ぼうと思っているのです。  とりあえず回っているセッションだけで3種類あるのでどれを回すかっていうところですが、まあ都合の合うやつをやりたいと思います。

NO IMAGE

【TRPGな話】ソード・ワールド2.5

 まあ前々から情報は出ていたんですが、ソードワールド2.5が来年出ますね。  どこまで既存の情報を基本ルールブックに落とし込んでくれるかが結構楽しみなんですが、あまり良くない筋の動きになると既存のサプリメントをほぼ全部買いなおしみたいな流れにならないとも限らないのでそこは若干戦々恐々としております。  でも、まあ、既存のシステムが版上げだったりバージョンアップだったりするというのはシステムが呼吸している証拠なので基本的には望ましい事だし喜ばしい事なんですよね。  とりあえず版上げさ...

NO IMAGE

【TRPGな話】久々にプレイヤーやりたい……。

 定期的に上げている気もするんですけども、そろそろTRPGをプレイヤー参加でやりたいのです。  GMばかりだと飽きる上にネタ切れが加速するので、セッション中にネタを拾いたいというニーズからもプレイヤーがやりたいのです。  私の周辺環境、基本的に誰かにネット越しでプレイヤーさせてもらえない限り一生GMという環境なので結構きついです。いやGMすらできない環境に比べれば天国なんですけどね。  早く長男にGMを覚えてもらわないと……w

NO IMAGE

【TRPGな話】GM時の引き出しはTRPG以外の趣味から出すと便利

 まあ趣味がTRPGだけ、って言う人はそうそういないと思うんですけども(TRPG自体がそれ以外の趣味による知識の蓄積が前提になっている傾向があるので)、特にGMをする時ってTRPG以外の趣味の部分からネタを持ってくると楽なんですよね。  もちろん他の趣味のディープな話をそのままTRPGにもって来るという話ではなく、話題の一部をそこから持ってきて普通のセッションに持ち込めると楽だしプレイヤーも視点が変わるので楽しかったりするんですよね。  まあやりすぎるとドン引きされる結果にもなるんですけども、そ...

NO IMAGE

【TRPGな話】環境を整えるのは大事

 趣味にせよ勉強にせよ仕事にせよ、人が集まって何かをする時って周辺環境をちゃんと作るのが大事ですよね。  人は一人でも周辺環境がとても大事ですし、人が集まるとそれまで以上に周辺環境って重要になると思います。  夏場は冷房、冬場は暖房の状況にも気をつけなければなりませんし、温度だけではなく風の向きがどうなっているか、空気の乾燥なんかにも気をつけたいですよね。  セッションなんかだと同じ場所に熱中して長い時間いる結果になりがちなので、あとになってひどく体調を崩したりしないように配慮できると良いと...

NO IMAGE

【TRPGな話】道具は「慣らす」より「慣れる」ほうが楽

 まあTRPGに限らず趣味のもの全般的に言える事なんですけども、持っている道具を使い込んでエキスパートになるのと、良い道具を入手して手を慣らすのでは後者の方が良い結果になりやすいんですよね。  つぎ込む熱量が一緒であれば、道具はより一般的に良いとされている物のほうが最終的に高い位置まで自分を引き上げてくれる可能性が高いので、ある程度それに触って「長く付き合う事になるな」と思ったら良い道具を揃えることにも意識を配ったほうが良いと思います。  私事ですがUMPCのGPD Pocketを入手して今手...

NO IMAGE

【TRPGな話】長男がCoCに喰いついてきた

 長男はコード;レイヤードでTRPGデビューしたんですが他のゲームにも興味津々で、最近はTRPG動画を見ている中でCoCにたどり着いたらしく、私の本棚の「クトゥルフ神話TRPG」を見つけてプレイしたいと言い出したのです。  しかし私はCoCはあまりプレイした事がなくGM経験もないので気軽に「じゃあ遊ぼうか」とも言えないのです。  というかシステムはケイオシアムベーシックなので対応できるとは思うんですが、クトゥルフ神話に詳しくないので「それっぽい」シナリオが作れないと思うんですよね。まあネットで...

NO IMAGE

【TRPGな話】サプライズが上手くできるといいですよね

 色々やっている内に日付を超えてしまったので投稿日時を編集してお送りします。  私事なんですが、今日は嫁さんの誕生日でして、お祝いにスタバのカードを買ってきました。そしてサプライズ(なのか?)でプレゼントして喜んで貰ったんですけども。  TRPGでは良い意味でのサプライズを取り入れるのって結構楽しいと思っていて、マスター側からのサプライズでも良いですし、プレイヤー間でのサプライズでも良いんですが、上手く行くと楽しいですよね。  ただ、サプライズを成功させる事ばかりに意識を持っていかれるとサプラ...

NO IMAGE

【TRPGな話】システムを読み込む余裕がない

 TRPG関係ないというか、TRPGに関係させたいのにしない話なんですけども、最近ちょっと余裕がなくて、新しいTRPGシステムを買ったりしてもシステムを読み込む余裕が無いんですよね。  ザッと内容を読んで把握して「概ねこうだろう」という所をつかむまでは行けるんですが、細かいフレーバーテキストの読み込みだったり、特技リストのデータの読み込みだったりが甘いというか全然頭に入ってこなくて、「読もう」と思って手に取りはするんですが結局頭のなかに入っていかない感じで終わってしまうんですよね。  まあ老化...

NO IMAGE

【TRPGな話】ネタの使い回しは混乱する

 最近GMの割合が多いんですが真面目にGMをやってこなかったツケが回ってきてシナリオ作成ができなくて困っているんですが、シナリオの着想にも恵まれずに、今までは新しいセッションには新しいネタを使ってきたのを、過去のネタで今回のプレイヤーがいなかった時のネタを再度出してきて料理、というのをやって誤魔化しているんですけども。  プレイヤーの一人が20年以上の付き合いがある人なのでどのネタを出しているのかがさっぱり思い出せない上に、最近のネタでもプレイグループが3つあってどこでやったのかが明確でないのも...

NO IMAGE

【TRPGな話】夢中になって遊ぶのは良いけれど

 TRPGは趣味で遊びなので「夢中になって遊ぶ」というのはあると思いますし、断然アリだと思うのですが、夢中になるあまり他に対する意識が失われてしまうと、それはそれで問題ですよね。  私の家には小学生が2人いるんですが、何かに夢中になると他が疎かなったり約束を忘れたりするのでどう教えてあげれば良いのか悩んでいるんですけども、まあある程度の歳になれば集中するのと別ベクトルで意識を持つ事が出来るようになってくれるんじゃないかと思っています。  まあ私の家の話はいいんですが、TRPGを遊んでいて夢中...

NO IMAGE

【TRPGな話】驚かすのは手段であって目的ではないので

 まあセッションにおいてGMのシナリオなりプレイヤーの仕込みなりで驚かされるのってわりと多くあって、しかもそれって結構楽しい経験なんで、「自分もやってやろう」「次も成功させよう」っていう気持ちになってくると思います。  もちろんセッションに驚きを持ち込むのはダレを防いでマンネリを回避する良い方法なので良い事なんですが、そのための仕込みに夢中になりすぎて他が疎かになると、「そんな事になるくらいなら驚かせるのをやめようよ……」という結論になるので要注意です。  「驚き」が良いのはGMもプレイヤーも...

NO IMAGE

【TRPGな話】煮詰まった時は気分と視点を変えると良い

 ブログのネタが出なくて出なくて困り果てて23時45分、もう諦めてTRPG関係ない話を書いてしまおうと思います。  一般的に趣味でも仕事でも煮詰まった時って本当に困るんですけども、そう言う時って問題から逃げるか、あるいは気分と視点を変えるしかないんですよね。  一直線に一つの事に向き合っていたとして、壁にぶつかった時、勢いで壁を乗り越えるのも手なんですけども、一歩引いて全体像を見たり、あるいは横に歩いて壁を迂回したりという手段は大体の場合通じる方法なので、煮詰まった時は意識的に一歩引いたり視点を...

NO IMAGE

【TRPGな話】褒め合いの輪の中にGMも入れて欲しい

 個人的にGMの割合が多いタイプなんですけども、プレイヤー経験点の配布をしているとプレイヤー同士で褒め合いというのか、リスペクトの表明が互いに行われる流れになるんですけども、この流れの中にGMはシステム的に入っていないので、ただプレイヤーがイチャイチャするのを笑顔で眺めるだけになってしまい、別に不満だとか嫌な思いをしているわけではないんですがGMも仲間に入れてくれ、と思うのです。 (厳密にはGMもプレイヤーを褒めるというカタチで参加できるので、GM「が」褒められる流れがないんですよね)  まあプ...

NO IMAGE

【TRPGな話】自分の傾向を言語化するという事は

 ここ2〜3日「私にとって〜とは」みたいな話をしているんですけども、これってまあ自分語りなんですけども、自分語りはあまり良くないんですが「自分の傾向を言語化しておく」のは一概に悪いとは言えないと思うんですよね。むしろ場合によっては良い事があると思います。  どういう事かというと、例えば自分がGMのときに、「私はTRPGは戦闘が楽しいと思っているので、そこを押していきます」と宣言できれば、それを楽しみたいプレイヤーが集まってくるでしょうし、そうではなくてもプレイヤーが「何を楽しめば良いのか」が明...

NO IMAGE

【TRPGな話】自分の中で「ゲーム」とは

 昨日「自分の中のTRPGとは」という話をして、「ゲームが好きだ」という結論になったんですが、じゃあゲームってなんだろうな?と考えてみました。  その結果、自分にとって「ゲーム」とは「ジレンマから1つを選択する」事だという結論に達しました。何言ってんだ。  もうちょっと詳しく話をすると、自分の中で「ゲーム」って、いくつかある選択肢の中で「今の状況ではどれを選ぶのが良いか」を選択する、というのがゲームの面白さだな、と思ったのです。  シナリオで「次はどう行動するべきか」という選択肢もゲー...

NO IMAGE

【TRPGな話】【閲覧注意】自分の中での「TRPG」とは

※個人的な見解を強く含み、今一般的に目に入るであろうものを否定する内容があるので閲覧にはご注意下さい。  今TwitterなんかのSNSで情報共有が楽になってきている時代があって、その中でいわゆる1ページTRPGというのが共有されるようになっているんですが、個人的になんですけど1ページTRPGって受け入れづらいというか、自分の中で「これはランダマイザーであってTRPGじゃないな」と思うものがわりとあるな、と思ったのです。  そして突き詰めて考えていく中で自分の中でTRPGって「行為判定が...

NO IMAGE

【TRPGな話】道具の進化による便利さの増加

 まあTRPGに限っての話でもないんですけども。  昨日今日、子供にニンテンドースイッチを買ってやろうと思って抽選に並んで参加して結果今日買えたんですけども、列に並んでいる間にぼーっと考え事をしながらスマホをいじっていて、突然シナリオの着想が降ってきたのでスマホでメモを取って編集していたんですが、昔に比べて道具が進化する事でできる事が増えた・より便利になったな、と思うのです。  これが20年前の話だとシナリオの着想が降ってきてもメモ帳がなければ書き留めておく術がなく、そしてメモ帳なんか持って...

NO IMAGE

【TRPGな話】ツラいセッションってなんだ

 TRPGのシナリオで酷い目にあったり死ぬ目にあったりするのってキツいと思うんですけど、それって楽しんでいるからこそキツいので、「コレがキツいのでTRPG辞めます」というツラさはないと思うんですよね。  しかしセッションの当日になってプレイヤーが現れないとか、特定プレイヤーで固まってしまって他のプレイヤーが空気化するとか、セッションの日程合わせで誰も意見を出さずにセッションが消えるとか、そういうのってキツいですよね。「こういう事があるからTRPG辞めたいと思います」っていう話につながるツラさだ...

NO IMAGE

【TRPGな話】何をしたいシステムなのか、をしっかり考えると楽しいですよね。

 今TRPGは結構息の長いジャンルになってきまして、入手可能なものだけで考えても相当数のシステムがあると思います。  そのシステム個々に「何をしたいシステムなのか」という基本設計があるので、今はセッションでやりたい事を考えて、「それをしたいシステム」を選ぶ、という遊び方が出来るので良いですよね。  昔はシステムの数も少なく、システムが「したい事」も幅が狭かったので、自分の「したい」を処理するには既存システムに手を入れたりシステム自体を自作しなければならなかった事もままあったので、その頃に比べ...

NO IMAGE

【TRPGな話】ネタの出し方を言語化しておこう

 タイトルは重いですが思いつきだけでダラダラーっと書いてしまうのであまり期待しすぎないで下さい。  この30年間TRPGでGMをしてきて、シナリオのネタはどこから出してるんだろう、という所を考えてみると、幾つかのパターンというか、究極的に言うと一つのパターンに当てはまると気づきました。  先に一つに絞り込んだ方を言うと、「この【状況】を【彼ら】ならどうするだろう?」という部分がフックなんですよね。  【状況】とは敵のデータでもいいし、シナリオのクライマックスでもいいし、シナリオの導入で...

NO IMAGE

【TRPGな話】老人の戯言

 TRPGで年代の離れた人と一緒にセッションをするとお互い気を使うんですけども、どの年代の人もいわゆる「青春」の時代に流行った話題やアニメが得意なので、年代の差がネタの差に直結するんですよね。  基本的に老人は興味が薄れるというよりも集中力が持たないという理由で新しいネタを咀嚼できない(ぶっちゃけると小説読んでる・アニメ見てる余裕がない)ので、若い世代の人が古いネタに付き合わなければならないパターンが多く、その結果「老人は面倒臭い」と思われがちなんですよね。というかそう言う意味では思いっきり老...

NO IMAGE

【TRPGな話】時間いっぱいと終了時間厳守は両立しないので

 まあ個人的な経験を踏まえての話しなんですけども、セッションを運営するとして、「セッションに用意された時間いっぱいいっぱいまで楽しみたい」というニーズと「セッション終了時間は厳守したい」というニーズは両立できない(たまに両立するがそれは運が良かっただけの話)ものなので、両方を希望された場合どうすればよいのか、という部分が問題になりますよね。  私の個人的な意見としては、それであれば「実ゲームプレイ時間は1時間位余裕を見てセッティングする」「普通にプレイする」「余った時間は感想戦をみっちりする事...

NO IMAGE

【TRPGな話】そう言えばアリアンロッドのエネミーガイド

 日記というか記事というか完全にメモなんですけども。  アリアンロッドのエネミーガイドに出てくるエネミーって全部画像が公式にアップされているので、それを取り込んでオンセで使えるんですよね。  全エネミー画像ありっていうのはなかなかない豪華特典なので、皆もアリアンロッドでオンセをゴリゴリ回せば良いと思います。

NO IMAGE

【TRPGな話】古いシステムは悪いシステムと言う訳ではないので

 今のTRPGってTRPGとして相当進化した結果のTRPGなので、色々な部分で黎明期のゲームにはなかったシステムが搭載されていたり、黎明期にはなかったプレイスタイルで遊ばれていたりするんですよね。  しかし、じゃあ黎明期のシステムは悪かったのかというとそう言う訳ではなく、ただ「路面が舗装されていない道」なので最短最速ルートには向かないと言うだけの話でハイキングで歩く分には問題がなかったり、普通に進むだけではなくて色々な遊び方をしようとするなら舗装されていない分事故った時に痛くなかったりするので...

NO IMAGE

【TRPGな話】テキストオンセってログを残せるので良いですよね。

 別にボイセやオフセをディスる意図なく言うんですけども、テキストオンセってログを残せるので良いですよね。  プレイ中の宣言が全部ログに残るのでGMとの間で「言った言わない」になりませんし、GMのヒントも全部ログに残っているので「記憶抜け」でセッションが崩壊する可能性も低いですし、何よりセッションの記録が残るので後になってその時のセッションを思い出すためのトロフィーになりますし、場合によっては誰かがそのログを整形して読みやすいリプレイにしてくれるかも知れませんし、良い面がいっぱいあります。  ...

NO IMAGE

【TRPGな話】どどんとふ鯖を公開した甲斐があるなぁ……。

 今日は雑談カテゴリに近いんですが、実は私のサイトに設置しているどどんとふはどどんとふの公式サーバーでして、他サーバーさんとは違って上限が15人位の零細鯖なんですが、結構使って貰っているんですよね。  毎日誰かが使っている、とまでは行きませんが、金土日くらいはだいたい4〜7人くらいが使ってくれていますし、多分1卓か2卓くらい平均で立っている感じなんですよね。  公式サーバーは自分は全く使わない、人に使って貰う専用のサーバーなのでどんどん使って貰って構わないですし、むしろ使われないとサーバー代...

NO IMAGE

【TRPGな話】お約束だけど、一番プレイヤーをしたい人がGMする羽目になるんですよね

 一緒に遊んでいる新人さんが自分の身内にもTRPGを布教し始めて一生懸命GMををやっている感じで微笑ましいなと思いつつ眺めているんですけども、TRPGって一番プレイヤーをやりたいと思っている人がGMをする結果になる傾向がありますよね。  世界観が気に入ったシステムがあって、買って、じゃあプレイとなるとシステムを持っているのが自分だけなので自分がGMするしかない、みたいな状況は昔からままあった気がします。  まあ今はオンセがあるしTwitterでプレイヤー募集もできるので、システムを買って...

NO IMAGE

【TRPGな話】インストって大事ですよね

 嫁さんが「アナログゲームの達人」という触れ込みでゲーム会(50人規模)に誘われたので、流石に嫁さん1人で50人は回せないので手伝えと言われて今何のアナログゲームを持っていくか考えているんですけども、アナログゲームってインストが5割だと思っていて、インストで「お、面白そうだな」と思わせればもう8割がた成功しているんですよね。興味があって遊ぶものはもうその時点で面白いものなんですよ。  そこで何を持っていくのか、どうインストするのかを考えているんですが、TRPGもインストって大事ですよね。  ...

NO IMAGE

【TRPGな話】GMばかりだと飽きる

 個人的な話なんですけども、GMって楽しいんですけど毎回GMばっかりだと飽きるというか、脳の一部の筋肉が使われなくて錆びていく感覚があるので、ある程度の間隔でプレイヤーもやりたいんですよね。  別にプレイヤーにもGMにも上下はないと思っていますし、立場の違いこそあれセッションに寄与すべき存在という意味では一緒だと思っているんですけども、なんというか、使う能力に若干の差を感じるのです。  それが相互に作用するものだと感じていて、ある程度プレイヤーをやったらGMをすると良い結果につながりやすいし...

NO IMAGE

【TRPGな話】そろそろ次のシナリオ作らなきゃ……。

 アリアンロッドの前回セッションから2週間弱、月に1回プレイと考えると次までの期間の半分を過ぎたわけなので、そろそろ次のセッションのシナリオを作らなければならないのです。  まあキャンペーンなので大枠は決まっているというか、散りばめるべきネタはもう決まっているんですけども、メインクエストに何を持ってくるのか、エネミーに何を選ぶのか、という部分は考えなければならない部分で、そして今絶賛「シナリオが書けない病」なので、2週間位余裕を見て書き始めるくらいがちょうど良いと思うのです。  もうシナリオ...

NO IMAGE

【TRPGな話】腹を割って話さないといけない時はあるんですよね……。

 最近TRPGで新人さんというか私のGMでTRPGデビューした若者と一緒にセッションをしているんですけども、今までにない環境なので今までにない言動を見る事も多くなり、まあ有り体に言えば気になる言動も増えてきているわけです。  メインでやっているシステムがアリアンなので比較的「軽い」というか、エネミーはエネミー、NPCはNPCみたいな割り切りが出てくるんですが、どうもそのあたり混同しがちみたいで、エネミーである事が確定していないNPCに対して突然攻撃を仕掛けたりするんですよね。  個人的に言う...

NO IMAGE

【TRPGな話】個人的な意見ですが……。

 あくまでも個人的な意見なんですが、シナリオを作るにあたって、マスター的な「正解」というか、こういう落とし所はあるよな、という部分を作っておかないシナリオというのは良くないな、と思っています。  ちょっとこの書き方だとわかりづらいかも知れないんですが、シナリオでコンフリクションを扱うのであればちゃんと「こういう終わり方はある」というビジョンを持っていないと、シナリオが行き詰まった時にどうしようもないと思うんですよね。  「こういう辛い状況を思いついたよ!プレイヤーでなんとかしてね!」というシ...

NO IMAGE

【TRPGな話】独り言……(老害のつぶやき

 私のオンセマスターでTRPGデビューした若者がTRPGにハマってくれて色々なシステムを買い漁っているようなんですが、今CoCからパラノイアに移動しようとしています。  動線としてはわからなくはない、動画だよね、って思うんですけども、そっちの道は修羅の道というか、もうちょっと登りやすい山があるんじゃないのと思うわけです。  このまま行くと多分「パラノイアを買ったが遊び方がわからない。オンセでGMやって」と言われて私がパラノイアを買う流れになるのであまりありがたくないというか、ボクはパラノ...

NO IMAGE

【TRPGな話】FEAR式の経験点計算モデルの良い部分

 コード:レイヤードのルールブックを読み直していて経験点配布の部分を見て改めて思ったのでメモを。  FEAR式の経験点計算モデルってよく出来ていて、経験点を多く貰いたければ積極的にプレイに参加して人をフォローして遊ぶスタンスが必要になるんですが、ここから更に良いと思うのが経験点算出時にプレイヤーが参加して「〜さんに助けて貰った」「〜さんの〜が格好良かった」という実際に褒める言動につながるんですよね。自分が褒めれば人からも褒められるようになるので一生懸命褒めようとしますし、褒めるためにプレイ...

NO IMAGE

【TRPGな話】独り言

 そう言えばなんですけども、前回どどんとふのアップデートをした時は最新版をアップデートできなくて(起動しなくなる)一つ前の安定版にアップデートした記憶があるんですが、今回はそんな事もなく普通に最新版にアップデートできて起動も動作も問題ない感じになっています。  個人的にはTRPGでオンセをするにはどどんとふがベストの選択肢であると思っていて、なのでサーバを借りて公式公開サーバを運営しているんですが、しかしどどんとふってFlashを使っているので、iPhoneだけで参加って難しいんですよね。...

NO IMAGE

【TRPGな話】体調管理が一番大事

 ここ数日体調が悪く、7月に入ってからTRPG関係の書籍を読めていませんしセッションも出来ていません。  趣味をするなら体調が整っているのが大前提で、体調が悪い状態では何をしても駄目だし無駄なので、まずは体調を整えようと思います。あ、ただの夏バテなので心配しないで下さい。  さて、この趣味をするなら体調が整っているのが大前提、っていうのはTRPGではセッションの都合合わせに凄く関係すると思うんですけども、体調が悪い時にはセッティングをずらして貰うべきだと思いますし、あと前日とか当日になっ...

NO IMAGE

【TRPGな話】オンセもオフセも大事だし楽しい

 去年は丸一年オフセを一切しない年で、セッションは全部オンセだったんですけども、今年に入ってからはオフセもするようになって、オンセとオフセ両方の軸で遊べるようになりました。  オンセはオンセで楽しいんですけども、オフセはオフセで楽しいので、両方遊べるのが一番だと思うんですよね。私にとってはオンセとオフセは車輪のようなもので両方揃わないと上手く回らない感じなのです。  まあ今はオンセもオフセもするようになったんですが、GM参加の割合が高く、シナリオを作るのが大変なのと、自分は自分でプレイヤ...

NO IMAGE

【TRPGな話】アウトプットが出ないのはインプットが足りないからだ

 最近わりと深刻な「シナリオが出来ない病」を患っているのですが、ちょっと考えてみるとシナリオが出来ないのは当たり前だな、と思ったので日記にします。  今創作物を取り込む事が全然できていないんですよね。物語を取り込んでいないというか、小説も漫画も映画もアニメも全然見ていないんです。  そうなると触発されるチャンスがないのでシナリオフックが拾えないわけで、シナリオフックがないのであればシナリオなんか簡単には作れないのです。  つまり、これ、インプットが足りないからアウトプットが出ないという...

NO IMAGE

【TRPGな話】「面白かったらシステムを買うんならサンプルキャラでGMするよ」

 最近自分の好きな言い回しとして、「面白かったらシステムを買うんならサンプルキャラでGMするよ」っていうのがあります。  自分の好きなTRPGシステムを布教する時に、「とりあえず買いなよ」でおすすめするのって厳しいので、やっぱり2〜3回くらいはゲストとして遊んで貰って、気に入ってくれたらシステムのオーナーになって欲しいんですよね。  そういう意味で無料プレイの機会は自分がどんどん提供していきたいんですが、ずーっとサンプルキャラで遊んでシステムのオーナーになってくれないと自分の負担も重いしシス...