【TRPGな話】積み重ねの結果が引き出しの数なので

 TRPGでは瞬間の判断が求められる場合も多くあり、瞬間の判断の「選択肢」の数はプレイヤーの引き出しの数にかかっていると言えるんですが、これを鍛えるのは並大抵の事ではありません。
 普段から「この場合はどうする?」と考えておき、その中で検討したものがプレイヤーの引き出しに仕舞われる訳なので普段からどれだけ色々なものを真面目に考えてきたかが問われる部分なので、引き出しは増やそうと思ってすぐに増えるものでもないのです。
 ただ、今から何かする時に「こうだったらどうする?」というのを考えておくとそれだけ引き出しの数は増えていくので、TRPGで引き出しを増やしたい場合は「真面目に生活する」のが一番効果的で一番の近道と言えるかも知れません。
 一足飛びには良くなりませんが、地道にやれば必ず結果がついてくる部分なので、意識してやって行きたいですよね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする