【TRPGな話】キャラ作成には暗黙の縛りがあるので

 TRPGではキャラクター作成システムに則っている限り基本的にどんなキャラクターでも作成する事ができるのですが、キャラクター作成システムに乗る前の段階で暗黙の縛りがあるので注意が必要です。
 それは何かというと、ファンタジーのシステムなら「冒険に出る程度には」、現代物であれば「事件に巻き込まれて自分で解決しようとする程度には」個性があるというか、最終的にはそっち系統の結論を下すキャラクターである事、という縛りがあるのです。
 ここはデータ面の設定ではなくてキャラクターの内面の設定なのでプレイヤー個々人がちゃんと設定しなければならない部分で、そしてここがブレるとファンタジーTRPGでシナリオに絡まない、現代物で普通に生活している間に他プレイヤーの手によってシナリオが終わるという原因になるので、しっかり意識して設定してプレイしたいですよね。
 このあたりはシステムに書いていない、誰も教えてくれない部分なのでちゃんと知って意識しておきたいですよね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする