TRPG.GigaFreaks.com

【日想】002:スタイルのすり合わせ方

日想》 2011/01/16 23:45

 TRPGをしているとデータ重視派、ロールプレイ派、キャラプレイ派と色々な嗜好でゲームしている人と卓を囲む事が多いんですが、わりと「スタイルのすり合わせ方」で失敗してつまらないセッションになってしまう事が多い気がします。
 無論、何を重視するスタイルであれ周囲と上手く合わせられるのであれば問題はないと思うんですが、自称「ベテラン」という人に限って誰ともすり合わせようとしないで結果的に卓の雰囲気が悪くなる傾向が強いように思います。
(まあ、自分もそういう傾向がないとは言いませんが……)

 大体は「周囲に合わせて上手く付き合う」事ができれば問題ないんでしょうが、何故か上手く行かない事があるのも事実ではないでしょうか。

 こういう時は思い切ってTRPGの「親」にあたるGMのスタイルに皆が合わせる、っていうのが一つの正解なんじゃないかな、と思い当たりました。
 正直、キャラプレイを重視しないGMの元でキャラプレイをしても何の得にもなりませんし(むしろゲームのテンポを悪くする恐れがあります)、ロールプレイ重視のGMの元でデータを重視してマンチ的な行動をとっても卓が崩壊するだけなので、ゲームを支配しているGMさんに皆が合わせるのが一番なのかなぁ、と。

 それをいうとGMと嗜好があわない人は違うGMを探すか、自分がGMをするかしか方法がなくなってしまうので厳しいといえば厳しい考え方になると思うのですが、まあ一つの考え方ではないかと思います。


トラックバックURL: http://trpg.gigafreaks.com/daily-think/002.html/trackback

当ページへのコメント

コメントをお寄せ下さい。

コメントの投稿

トラックバック