Main Menu

[Read Me First] – サイト閲覧前にご覧下さい。
初めにお読み下さい
自己紹介
著作権について
告知
[Main Contents] – 当サイトのメインコンテンツです。
TRPG コラム
日想
TRPGな話
[Lite Contents] – 気軽に読めるコンテンツです。
教えて!DJ-Devil!!
Dark Side
キョウノヒトコト
[オリジナルTRPG] – オリジナルの創作TRPGについてのページです。
Luna Arc System
Luna Arc Replay
[Material Contents] – 資料系のコンテンツです。検索・ダウンロードも可能です。
TRPG用語辞典
TRPG発売年表
[どどんとふ] – オンラインでTRPGが遊べるツールです。【正式公開】しました!
如月翔也<<公開>>サーバー【ご自由にお使い下さい】
如月翔也<<限定>>サーバー【他プレイヤーキックします】
[リプレイ] – TRPGのリプレイを掲載しています
ハンターズ・ムーン リプレイ:『蟹食べ放題』(GM:えっくすさん)
艦これRPGリプレイ『無題』(GM:わっふるさん)
艦これRPGリプレイ:『近海警備 輸送船団襲撃を阻止せよ!』(GM:◎級さん)
DX3rdリプレイ:『夜を駆ける』(GM:ぬえさん)
オンラインセッションの生ログ(如月翔也参加、公開許可済み)
[Other] – その他のコンテンツです。
登録Feed
LINK
Twitter(showya_kiss)
Twilog
blog;TRPG GigaFreaks!
きさらぎめも
[連絡先] – 如月翔也へのご連絡はこちらからどうぞ
darktribe@gmail.com

【日想】235:照れても決めたいですよね。

 TRPGってそれだけ遊んでいる仲間であればあんまり起きないんですが、普段から仲良くしているメンバーとTRPGをする時、あまりに普段とのギャップがあるために照れてしまう事があるんですけど、照れてもいいのでちゃんとプレイしたいですよね。
 普段からバカ話をしているメンバー相手に織り込み済みの熱いセリフを回そうとすると若干照れると言うか温度差の大きさに若干引く部分があったりするんですけども、それは仲がいいからくすぐったいだけなので、下手に照れたりせずTRPGなので決めるところは決めていきたいですよね。
 ここで照れに負けたりすると他に参加しているプレイヤーさんに影響が出たりセッションの満足度が下がったりするので、しっかりプレイしていきたいところです。


NO IMAGE

【TRPGな話】理論最強キャラを作るだけがキャラメイクではないので

 TRPGで公平なキャラクターメイクができるシステムだと、キャラクター作成時に理論最強キャラを作る余地があるんですが、そこを狙いすぎてキャラクター作成が一発芸披露大会になるとつまらないというか、もっと別の遊び方があるのではないかと思います。  もちろんビルドでできる環境の中で一番強いキャラを作りたいニーズもわからなくはないんですが、データに遊びを持たせない姿勢や理論値にこだわってキャラの内面作成が蔑ろになるなどの問題があるのであればそれは避けるべきですし、そもそもがTRPGではPvPはあっても...

NO IMAGE

【日想】234:ツールの進化について行くのは大変ですが

 TRPGをオンラインで遊ぶに置いては各種ツール類を避けて通る事はできないんですが、音声チャットツール、文字チャットツール、ダイスツールなどを通してツールに「ついて行く」のは結構大変なんですが、ツールって要するに道具なので、道具の使い方が合わなければ話も合わないわけで、避けては通れない道なんですよね。  昔はオンセツールはSkype+どどんとふがほぼ確定筋のツールとして有名でしたがSkypeは今はディスコードに変わってきていますし、どどんとふも来年サポート終了で今後のツールは何になっていくかが...

NO IMAGE

【TRPGな話】映画みたいにしなくていいので

 TRPGはストーリーを扱うメディアでもあるので手法としては映画に学ぶ部分も少なくなく、映画やドキュメンタリーは良い学習素材になるんですが、これを突き止めていくとハードルが上がりすぎる恐れがあるのです。  例えばBGM1つとっても映画では最高のタイミングでカット・インしてきますが、TRPGではストーリーの理解度がプレイヤーによって違ったりボイセじゃなくてテキセだと読んでいるタイミングが掴めなかったりで上手くカットインする事は難しいのです。  逆にテキセでBGMを使われると人の声が聞き取りづら...

NO IMAGE

【日想】233:意図が共有されているか確認が重要ですよね。

 TRPGはコミュニケーションの遊びなんですが、コミュニケーションで断絶があるとすると大体はお互いの行動の意図が共有されていないのが原因で、勘違いしたり受け止めきれなかったりする事で意図と違う事が伝達されて伝言ゲームで卓が崩壊する結果になるのです。  断絶を避けるためには多少もったりしてしまったとしても言動についてどういう意図でやっているかをちゃんと共有する事が大事で、「敵のHPを削るために自分の回避を捨ててバッシュしたいと思います。私のHP回復をお願いします」とちゃんと言う事でフォローしやす...

NO IMAGE

【TRPGな話】新しいシステムを脊髄反射で拒絶しないでいたいですよね。

 TRPGってどんどん進化していく遊びなので、今まで運用で遊んでいたものがシステム化されて搭載される事があり、運用がなされていなかった地方で「なにこれ」という話になって紛糾するというのはあると思います。  しかしシステム化されているという事は一定数の運用実績があるとのほぼイコールであり(思いつきで搭載しない限り)、そういう運用が面白かったからこそシステム化されているという事なので、検討の結果採用しない選択肢もありなんですが、脊髄反射で拒絶して否定しっぱなしというのは避けたいところですよね。 ...

NO IMAGE

【日想】232:ジレンマ系は先に言って貰わないと回避できないので

 TRPGは色々な楽しみ方があるんですが、基本的にTRPGをプレイしに行く時は「楽しみたい」と思って出かけていると思っていて、そして「楽しむ」のであれば同時に事故を避けなければならないのです。  PvP系のシステムなんかが特にそうなんですが、TRPGのシナリオでジレンマ系、アンビバレンツ系をする場合、プレイヤーに事前のマインドセットがないと楽しめないというか事故になる危険性があると思うんですよね。  システム選択時にPvPです、と明言して貰えると避けるなり覚悟を決めるなりの対処ができるんです...

NO IMAGE

【TRPGな話】ツールに投げられるならそうした方が早いので

 TRPGをプレイする時には定期的にやっている以外では日程調整が必ず必要になるんですが、日程調整ってかなり手間がかかるのでできるのであればツールに外出しした方が楽な場合があり、Meityなんかで決められるのであればそれを使う方が楽なのです。  人間が間に挟まって調整すると挟まる人が潰される上にヒューマンエラーが発生するのでその意味ではツールのほうが安定性があり、使えるものなら使った方がいいのです。  ツールが使えない場合には使えない理由をクリアするのか人間が挟まるのかで判断すべきなんです...

NO IMAGE

【日想】231:環境をまたぐ仲間ができると良いですよね。

 TRPGってメンツの遊びなので良いメンツに恵まれた時には良いゲームが保証されるので、良いメンツとは普段からちゃんとネゴを取っておきたいですよね。  複数の環境で遊んでいる人は両方のメンツに声をかけて橋渡しをしてみると良い環境が連鎖する場合があり、良い仲間が良い仲間を呼ぶループができる事があるので環境をまたぐ仲間ができた場合ネゴを通してみるのも一つの手かも知れません。  もちろん複数環境は複数環境でそっとしておきたいニーズなら無理をする必要はありませんし、環境ごとにキャラが違う場合はどちらに...

NO IMAGE

【TRPGな話】GMにも「プレイヤーとしての演技」はあるので

 TRPGではプレイヤーの演技という部分がクローズアップされがちなんですが、GMにはGMとしての演技とプレイヤーとしての演技の2種類があるので使い分けも大事で、GMはGMで大変です。  GMのロールプレイと言うとNPCの言動のロールプレイという部分が強くあると思うんですが、それとは別にGM自身「プレイヤーとして」の演技というか、「こういうGMである」という演技が必要なのです。  GMがある程度キャラを固めてくれていると対応しやすいという軸もありますし、あるいはGMが「キャラクターなんて簡単に...