【日想】353:楽しいというのは次にもやりたい、という事なので

 TRPGにおいて「楽しかった」とは何か、を定義すると、プレイしていて笑っていなくても頭痛がするほど考え込んでいても結果的に「楽しかった」というのはいくらでもあって、多分なんですけど喜怒哀楽的な単純な気持ちではなくてもっと複雑に入り組んだ感情だと思うのです。
 ではTRPGで楽しかった、とはどういう状況かと言うと、終わった時にスッキリして「次いつやる?」という話になるような状況を言うと思います。
 毎回「楽しかったね、次いつやる?」という風に終われれば一番なので、それを目指して行きたいですね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする