【TRPGな話】ゲームを買った時の気持ち

 自分へのクリスマスプレゼントにニンテンドースイッチのオクトパストラベラーを購入しまして、これからプレイ開始する予定なのですが前々から評判が良くて気になっており、気持ちも高ぶっているのです。
 思えば昔からゲームを買うというのは特別な行動で、決して多くはない自分の小遣いから何を買うかを選択しお金をためて買って大事にプレイする、という、そもそも買う前から特別な気持ちにさせてくれるものなんですよね。
 もちろんTRPGもそうで、新しい世界観、新しいキャラクターへの思いは大きいですし、買う前にテストプレイしていたならデータへのさらなる興味が、テストプレイしていないなら全く新しい世界への大きな興味があり、やはり購入する前から特別な気持ちにさせてくれるものだと思うんですよね。

 物の価値って「どれだけ便利か」という事と「どれだけ心を動かしてくれるか」という2つの軸が有り、ゲームを買うという行為は「心を大きく動かしてくれる」行為なので、大事に買っていくべきだと思いますし、これからも買い続けていくべきだと思います。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする