【TRPGな話】応じられる人でいたいな、と思います。

 TRPGに限らず全ての事にそうなんですけども、自分がある程度知っている事については誰かが「知りたい」「やりたい」と言っている時に応じられる人間でいたいな、と思います。
 考えてみれば私みたいに偶然システムを買って読んでGMから始めた人間とかでなければ大体の人はTRPGの初めては誰かに教えて貰ったものだと思いますし、そうでなくても自分たち以外の集団に初めて触れた時には誰かの知識・経験に助けられて遊んできたんだと思うんですよね。
 そういう意味では自分ももう初心者とは言えないだけ遊んできているので何かあった時に「〜をオンセで遊びたい!」だとか「〜のプレイヤー募集中!」みたいな時には他に参加したい人がいないようであれば積極的に乗って行ってセッションを成立させていくべきだと思うんですよね。

 まあそのためにはオンセができる環境を整えないといけないんですけども、それは別の話として、いつでも応じられる人でいたいな、と思います。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする