【TRPGな話】設定は後付けだったり乗っかったりでも良いので

 TRPGでキャラクターを作る時にデータ面と設定面の両面をつくるのはけっこう大変だと思うんですが、データ面は運用で使うのできっちり決める必要がありますが、設定はザックリ目に作っていってセッションで後付けしたり人が提案してきた設定に乗っかったりするのもオーケーですので、あまりガチガチに決めておかないと駄目だ、というものではないと思います。
 データ面と違い設定はいくらでも決められるものですし、1人の人間についてはその人生と同じ時間数を用意しないと全ては準備しておけないものなのである程度ふんわりしている必要があり、そのふんわりしている所がセッションのどこかとリンクしたら後付けすればいいですし、他の人が「こうなんでしょうね」と言ってきたのに「そのとおりなんです!」と乗っかってもいいわけなので、それが運用として間違っている訳でもありませんし、ある程度ザックリ作ってふんわり運用、必要に応じて肉付けしていくというイメージで大丈夫じゃないかと思います。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする