【TRPGな話】感動は見せるものではなく生まれるものなので

 TRPGは心の動きが大きく関係する遊びなので、ゲームの中で大きな感動が生まれる時があります。
 しかしこれは狙ってするというものではなく、「俺が見せてやる」というものでもなく、セッションというゲーム単位の中で稀に生まれるものであり、生まれた時には思い切り味わっていいんですが再現しようとすると無理があるので無理に頑張らなくても良いと思います。
 もちろん各自が「自分が心を動かされたもの」を持ち寄って良いゲームにするのはとても良い事なので進めて貰っていいんですが、狙って感動生むのはプロでもないと難しいと思いますので無理をしなくて大丈夫ですよ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする