【TRPGな話】設定は伝わって初めて意味があるので

 TRPGのキャラ設定は自分の中で整合性をつけて納得している分には正直自己満足だと言うか、セッションに参加するキャラとしてキャラが立っている必要があるので設定も他の人に伝わるようにすべきで、作った設定・生えた設定は他プレイヤーに伝えていかないといけないのです。
 例えば弟を亡くしたため年下の男子には甘いキャラをするのであれば年下の男子に甘くするだけでなくて甘くする時に「私のキャラは弟を亡くしているので弟に重ね合わせて甘く対応します」と宣言する事が必要なのです。
 このあたり宣言に一言添えるだけなんですがそれだけで随分違うので気をつけて対応したいですよね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする