TRPG.GigaFreaks.com

046:個性の作り方

TRPGコラム》 2009/12/17 13:44

 TRPGでは「個性」を持ったPC達がシナリオに挑戦し、その課程を楽しむゲームです。

 この「個性」という物はただのデータの集まりでしかなかった「キャラクターシート上の存在」に命を吹き込み、ただの「駒」でしかなかった物を「1人の存在」に変化させてくれます。

 さて、それでは、キャラクターの「個性」とは、どうやって作り、演じる物なのでしょうか?

 実際にキャラクターに個性を持たせる場合、2つの方法があります。

 「性格の指針」を作り、それを演じる方法と、「行動の指針」を作り、それを実践する方法の2つです。

 実際に人間の「個性」を観察すると、「個性」というのは「性格の傾向」と「行動の傾向」という2つの傾向からなる物です。

 例を挙げてみましょう。

 短気である、暢気である、怒りっぽい、細かい事は気にしない、というのは性格の傾向ですよね?

 ケチである、手が早い、慎重であるなどは行動の傾向であると言えるでしょう。

 しかし、現実でもTRPGでも「個性」というのはその人物を「外から見て」判断される物です。

 ですから、「粗暴に振る舞うが実は心優しい大男」であっても、「実は優しい」部分を他人に見せる機会がないと、ただの「粗暴な大男」になってしまいます。

 そこから考えると、「個性」を演じる場合、実際に行動の端々に「個性」を滲ませる事が必要になります。

 行動に滲ませたくない場合、プレイヤーの宣言時に「本当は助けたいけど、本人のために心を鬼にして”お前の行動の結果だ。お前が責任を取れ”と言います」と言う等の配慮が必要になりますし、それが口だけではない事を証明する為に、必要なシーンでは優しい行動を取らなければなりません。

 それができないと、キャラクターは「個性」を持っている事にはなりませんし、TRPGでは「個性」を持たないキャラクターと絡むのは非常に難しく、TRPGの進行や(自分を含んだ)皆が楽しむ事に大きな障害になってしまうのです。

 「個性」というのは、その人物の思考・嗜好・傾向など全て含めた大きな概念です。

 この「個性」はプレイヤーに任されている事が大半ですが、それだけに充分に注意して、かつ他人に対するアピールが可能なように演じなければなりません。

 そう、キャラクターシートの隅に走り書きした物が「個性」ではないのです。

 セッションを通してプレイヤー・キャラクター・マスターに理解された物こそがそのキャラクターの「個性」であり、だからこそTRPGでは「個性」が重要とされるのです。

 どうでしょう、貴方のキャラクターの「個性」は、貴方と同一ではないでしょうか……?

 能力値や種族・性別だけが異なる「貴方」ではなく、本当に別人のキャラクターに挑戦してみる、というのもTRPGの粋な楽しみ方なのではないでしょうか?


トラックバックURL: https://trpg.gigafreaks.com/trpg-column/column046.html/trackback

当ページへのコメント

コメントをお寄せ下さい。

コメントの投稿

トラックバック