【日想】092:TRPGはコミュニケーションの遊びなのです

 TRPGはコミュニケーションの遊びなんですが、このコミュニケーションが「GM〜プレイヤー間」でのコミュニケーションに受け止められがちなんですよね。
 しかし実際に大事なのは「GM〜プレイヤー間」もそうなんですが「プレイヤー〜プレイヤー間」でのコミュニケーションも非常に重要で、GM・プレイヤー間に縦のルートだけあれば良いわけではなくプレイヤー・プレイヤー間の横のルートもつながっていないと良いTRPGにはなりません。
 GMとプレイヤーの間のルートは意識されがちでそれなりに整っている事が多いんですが、プレイヤー間のルートは各個人が意識しないと薄くなりがちですし気を抜くと消えるルートなので、プレイ中は意識してプレイヤー相談を使いこなさないと辛い結果に繋がりがちですね。

 他のプレイヤーが葛藤している間他人事と思ってのんびりとしているのも一つの手ではあるんですが、一緒になって考える姿勢だったり我が身の事としてちゃんと受け止める姿勢というのは重要ですし、必要や求めに応じて話に乗れないと同席プレイヤーとしてはとても合格とは言えないので他プレイヤーの事も気にかけて、自分も他プレイヤーに色々開示していくようにするととても良いと思います。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする