【日想】108:なりきりとロールプレイ

 お正月でお年玉を貰った次男が大喜びで仮面ライダーの変身アイテムを買ってきて今変身しているんですが、これはTRPGにおけるロールプレイではなく「なりきり」のたぐいだな、と思います。
 なりきりとロールプレイの何が違うかというと根っこは違わないんですが、キャラに寄せるかキャラを寄せるかの違いというか、なりきりってキャラに完全になりきる事を指すので状況に応じたコントロールが不能なんですがロールプレイは周囲を見回す余裕を持ってするのでコントロールが可能な部分が違うというか、違っていないと困る部分ですよね。
 ロールプレイに置いてはなりきりを否定するわけではないんですが状況コントロールが出来ないキャラクターをプレイするのは無責任というかプレイヤーの責任である部分が大きいのでメタプレイを考えながら状況コントロールできるキャラクターを使っていくのが良いと思います。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする