【日想】195:声がかかると言う事は最低限興味は持って貰えているという事なので

 TRPGで「自分から参加する場」ではなく誰かからお声がけがあってプレイする機会がある場合、最低限声をかけてくれた人からは興味を持たれている、複数回目のお誘いであればわりと気に入って貰えているという事なので名誉な事で、胸を張ってとは言いませんが悪く思われてはいなさそうだな、と思って良いと思います。
 まあ悪意というか隔意があって「本当にダメな奴か見据えてやろう」という目的で複数回誘われる可能性もゼロではないので「必ず」名誉なわけではないんですけども、基本的には好意的な意図を持って迎えられている意識を持って、相手にも好意的な気持ちで帰したいものです。
 特に友好的に接してくれる人に対して卑屈に振る舞うのは相手に対しても失礼なので、自分に自信がなくても誘われた事実だけは変わらないので素直に喜んで友好的に接すると良いでしょう。

 人間関係って難しいんですけど、友好的な人には友好的に接するのが一番なので、できるだけ穏便に行きましょう……。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする