Main Menu

[Read Me First] – サイト閲覧前にご覧下さい。
初めにお読み下さい
自己紹介
著作権について
告知
[Main Contents] – 当サイトのメインコンテンツです。
TRPG コラム
日想
TRPGな話
[Lite Contents] – 気軽に読めるコンテンツです。
教えて!DJ-Devil!!
Dark Side
キョウノヒトコト
[オリジナルTRPG] – オリジナルの創作TRPGについてのページです。
Luna Arc System
Luna Arc Replay
[Material Contents] – 資料系のコンテンツです。検索・ダウンロードも可能です。
TRPG用語辞典
TRPG発売年表
[どどんとふ] – オンラインでTRPGが遊べるツールです。【公開終了】しました。
如月翔也<<公開>>サーバー【削除しました】
如月翔也<<限定>>サーバー【削除しました】
[リプレイ] – TRPGのリプレイを掲載しています
ハンターズ・ムーン リプレイ:『蟹食べ放題』(GM:えっくすさん)
艦これRPGリプレイ『無題』(GM:わっふるさん)
艦これRPGリプレイ:『近海警備 輸送船団襲撃を阻止せよ!』(GM:◎級さん)
DX3rdリプレイ:『夜を駆ける』(GM:ぬえさん)
オンラインセッションの生ログ(如月翔也参加、公開許可済み)
[Other] – その他のコンテンツです。
登録Feed
LINK
Twitter(showya_kiss)
Twilog
blog;TRPG GigaFreaks!
きさらぎめも
[連絡先] – 如月翔也へのご連絡はこちらからどうぞ
darktribe@gmail.com

【日想】478:道連れからの黄泉返りは燃えますよね

 ファンタジーにある定形展開というかテンプレの中に、強敵を相手に道連れで死に、後で黄泉返る展開があるんですが、これはなかなか燃えますよね。
 黄泉返る理由によってはパワーアップしての復帰もあり得るので、まあ話の展開に荒唐無稽さが加わらない範囲であれば仲間の喪失・さらなる出会いというのは面白い展開なので良いと思います。


NO IMAGE

【TRPGな話】日程調整がラスボスなので

 TRPGについてはセッションを行う場合日程調整がラスボスだというか、とにかくみんなで一定時間を開けなければならないのが結構キツいですよね。  モンハンなんかのマルチプレイだと「集まれた人だけで遊ぼう」というのができますがTRPGだとみんないないと厳しい部分があり、全員の予定を合わせるのが結構キツいので大変だと思います。  しかしまあ予定のとり方は簡単で仕事と同じくスケジュールを予約すればいいだけの話なので、慌てずに落ち着いてやれば問題ないと思います。

NO IMAGE

【日想】477:まず聞いてから話す順序でいいので

 TRPGでは主に自分がしゃべるターンと相手の話を聞くターンがあり、自分がしゃべる事を意識すると人の話を聞くのが難しくなるんですが、基本的には「まず人の話を聞く」というのをメインにして、余裕があれば自分もしゃべる、という風にするのが良いと思います。  喋らなくてもセッションには参加できますが人の話を聞かなければセッションは成立しないので、まず人の話を聞くことを意識したいですよね。

NO IMAGE

【TRPGな話】普段通りにできるという事は素晴らしい事なので

 TRPGはできる事が色々あり、挑戦しようと思えばどんな事にでも挑戦できるんですが、逆に普段通りにするというのもまた素晴らしく難しい事なので、いつも通りにプレイしてプレイを負えられたのであればそれは素晴らしい事なので誇ってよいのです。  普段からの考え、行動とセッションでの言動が一致する事は素晴らしい事ですし、皆が期待する事を期待する通りにできたという事なので、特別ではなかった事を責めるのではなく「いつも通り」を積み重ねられた事を誇って良いと思います。

NO IMAGE

【日想】476:様々なプレイヤーがいる事がTRPGの魅力でもあるので

 TRPGを遊んでいると色々なプレイヤーがおりプレイングも千差万別で見ていて面白いんですが、このプレイヤーが色々いるという事はそれ自体がTRPGを楽しくさせてくれているんですよね。  コミュニケーションを取っていても定形にならない、色々なプレイヤーがいる事で絡み方もまた色々あるというのが魅力のひとつなので、意識して色々なプレイヤーと接するとよいと思います。

NO IMAGE

【TRPGな話】ありがとうは意識して言いましょう

 TRPGではお互い様の関係で互いに助け合うのが本来なんですが、もちろん自分が相手を助けるのは当然なんですが自分が助けてもらうのは当然と思わず、助けられたらちゃんとお礼を言うべきなのです。  もちろんそこでお互い様だよ、という話になってもいいのですが、助かったと思った時にはありがとうを意識して言わないと感謝が伝わらないですし、感謝が伝わらないと次回以降助けるモチベーションに欠けてしまうので、言うべき時はちゃんとお礼を言うのが筋合いですし、良い行動なのです。  助けて助けられてお礼を言い合う環境は...

NO IMAGE

【日想】475:義務感だけで遊ぶのは良くないので

 TRPGはセッションの予定を組んだりするのが大変なので、一回卓をセッティングしてしまったらキャンセルするのも難しく、実際に動いてしまってからでは予定を取り消しづらいので、実際そんなに乗り気ではないんだけれども卓の日になってしまった、という場合があると思います。  基本的にはTRPGなんて義務感でやるものではないので気が向かない場合は避けた方がいいんですが、都合上避けられないのであれば気分を乗せるのが筋合いであると言うか、気合が入らない卓をやっても仕方がないので気合を入れるべきだと思います。  ...

NO IMAGE

【TRPGな話】意図を共有するのは大事なので

 TRPGではお互いのコミュニケーションが大事ですが、コミュニケーションが断絶して卓が崩壊する原因になるのは大体の場合意図が伝達されないやり取りで話がそれていくのが原因なのです。  なにか行動をする時に行動だけでなく「何を狙って」その行動を取るのか、という意図を共有するようにするのが大事で、そこが共有されていれば大きな断絶にはならないので多少プレイがもったりしても自分の行動の意図を共有しておくのは良いことだと思います。

NO IMAGE

【日想】474:汎用性のある特技は使いがちなので

 TRPGではスキルと言うか特技については汎用性が高いほど使いやすくキャラに搭載したくなるものなんですが、皆がそれをすると同じ特技ばかりで溢れかえって面白くない結果になるので、自分なりにつかえる特技を入れつつ独自色を出せるビルドを組めると面白いですよね。  もちろん汎用特技が悪いわけではないですし使い勝手も良いんですが、独自色を考えると一つ抜けたものを持つのも面白いと思います。

NO IMAGE

【TRPGな話】エモさを持って帰るのは良いですが

 TRPGではプレイの結果エモさを持ち帰るのは良いですが、最初からエモさを求めてTRPGに参加すると肩透かしをくらうというか、全ての映画に涙を流す感動を求めるのは難しいのと一緒で全てのセッションにエモさを求めるのも難しいので、持って帰れるといいね、なくてもいいけどね、というスタンスが大事なんじゃないかと思います。  色々なセッションがあるからこそその中で出会うエモさが尊いわけで、毎回持って帰ろうというのは難しいので注意が必要じゃないかな、と思います。