32.簡単な話でいいの?

 Baaaaaaaaaad Night!
 最後の救世主にして世界を破滅に導くDJ-Devilだだだ!

 アシスタントのAngelです☆

 15年ぶりのBad Nightだ!もう覚えている人はいないだろうに、なんでキックオフし直してるんだ?もう出番は来ないだろうと思ってゲーム積んでおこたに入っていたのに……。

 それはですね……15年ぶりにお便りが来たからですよ!
 Devilさんがここ数年ぐーたらしていたのはよく知っていましたけど、お便りも来ないので泳がしておいたら15年も休んだんですね!

 お前だってなんだかんだ言って15年休んだだろ……。
 まあそれはそれとしてお便り行こう。

 はい、ネット上のふじさわ未緒さんからのお便りです。
 初心者GMの悩みとかについてDJ-Devil様に投稿します。
 十何年ぶりに復活なさるということでとても嬉しいです。(悪魔にとってはほんの数日でしょうが)
① 周りに熟練GMが多い中で育つと、初心者GMが自力でシナリオを作ってみた場合、どうしてもそも出来を比べてしまうと思います。もちろんこなしてきた本数が違うのだから当たり前でしょうが「こんな簡単な話でいいのだろうか…?」と不安になります。そういう時の打開策は何でしょうか?(ふじさわはセッションに参加しないGM経験者にシナリオをみてもらったりしていますが、それでも「ここでうまくPLが乗ってくれなかったら…」は常に考えてしまいます)
② ①にも絡みますがなぜ何が怖いかと言うと「あまりにシンプルだとラストまで一気に話の内容を言い当てられるのでは?」と心配になります。初心者の書いたシナリオですからそれで当然かもしれませんが。大切なことはシナリオが破たんしないこと戦闘のバランスの方でしょうがいつも熟練GMの用意する「どんでん返し」を楽しませてもらってきたから自分もあまり読まれたくないな〜 となります。Devil様的には「先読みしてシナリオのオチを言い当てる如月●也をブチ●せ」で片付くと思いますがどんな対策をしてセッションに挑むといいでしょうか?
③ 単刀直入に言いますが全く想定していない時のアドリブが大の苦手です。仕事でも客からの電話で全く知らない業務内容について聞かれると頭が真っ白になったことがあります(土地柄、職業柄「早く!」とせかされたのもありますが…)。GMは1人で応対しなければならないのでいちばんいいのはきっちり想定を立てたシナリオを作ることだと思いますが初心者GMには何を質問されるかどう動かれるか予測を立てるにも限界があります。優しいプレイヤーさんばかりなのでたくさん楽しんでもらおうといっぱい仕掛けを作って準備しています。怖がらずセッションに挑めるようDevil様アドバイスお願いします。

ということですー。

 な、長いな。このお便りは3つの内容について触れているから3回に分けて取り上げよう。
 まずは最初の①、自作シナリオが「こんな簡単な話でいいのだろうか…?」と不安になる、というお話について今日は取り上げよう。

 はい、そうですね。
① 周りに熟練GMが多い中で育つと、初心者GMが自力でシナリオを作ってみた場合、どうしてもそも出来を比べてしまうと思います。もちろんこなしてきた本数が違うのだから当たり前でしょうが「こんな簡単な話でいいのだろうか…?」と不安になります。そういう時の打開策は何でしょうか?(ふじさわはセッションに参加しないGM経験者にシナリオをみてもらったりしていますが、それでも「ここでうまくPLが乗ってくれなかったら…」は常に考えてしまいます)
という部分ですね。

 まずね、「熟練GMと比べる」のは違うというか、熟練GMというGMはいなくて、みんな各自で勉強して育ってきた人々なので、それと比べるんじゃなくて徹底して「自分の強み」を押し出す事を考えた方がいいね。
 グルーピングでまとめると「全部負けてて勝てる要素がない」みたいになっちゃうんだけど、個々で見ると「この人のここは取り入れられる」とか「この人のこういう部分は私と似ている」という風に見られるので、そこを意識すると良いと思う。

 そうですよね、比べるなら「自分と近いか遠いか」を比べるべきで、「できるできない」を比べるべきじゃないですよね。

 その通り。そして「こんな簡単な話でいいのだろうか」という部分は、「簡単でいいよ」という回答になる。
 シナリオを楽しむのもTRPGの楽しみだけれども、セッションそのものの雰囲気だとかプレイヤー同士のやり取りだとか、TRPGで楽しめるもの・楽しむべきものは他にも多数あるので、シナリオの起承転結はその一部でしかないんだ。
 もちろん簡単な起承転結があってストーリーボードが楽しめるなら言う事はないけれども、それは「あればなお美味しい」という話に過ぎないし、逆に小難しすぎて理解できないシナリオを用意されるとついて行けないからね。

 理解が追いつかないシナリオだとプレイヤー自体が置いていかれている気持ちになりますもんね。

 もちろん普段からやり慣れているプレイヤーとバチバチやり合いたいニーズがあって尖ったシナリオを回したいならそれはそれでいいんだけど、シナリオは「その場で理解されないと意味がない」ものなので、文章にしてまとめたら「これ大丈夫か……」っていうくらい簡単な方が伝わるんだよ。
 そして自分が経験したシナリオを思い出して貰えれば、「追って理解して楽しいシナリオ」であった事を理解できると思う。理解速度と話のスピードが一致するくらいのスローペースの方がセッションは楽しいと思うんだ。

 ですよね。難しいシナリオならもっとスローペースじゃないと理解が追いつきませんし、サクサク行くタイプのシナリオなら単純な話を密度濃くすればいいですよね。

 そう。なので、「セッション前に『こんな単純な話でいいのか』が気になる」というのは不安神経症と同じ話なので、気にするだけ無駄、むしろもっと削ぎ落とせないか検討するくらいが丁度良い、というお話なんだよ。

 なるほどー。では、お便りにある「打開策」はどうなるんでしょう?

 まあ打開策としては「気にするだけ無駄」と唱えて、漫画かアニメでも見てリラックスした後ホットミルクでも飲んで早く寝ろ、が妥当なラインかな。

 妥当なラインですけど、Devilさんにしてが毒がないですね?休んでいる間に牙でも抜かれました?

 どういう絡み方だよ……。
 基本的に飛び込みの環境じゃない限りはセッション環境は自分で選べるんだから、単純な話でも盛り上がってワイワイ出来るメンツを探すのが手っ取り早い方法で、そしてそういうメンツは代えがたいメンツなので確保して手を離さない事の方が大事だろ。
 飛び込みの環境だって「初心者です、意地悪しないで下さい」ってはっきり言ってからプレイして、それは意地悪だなと思ったら「意地悪しないで下さい」って抗議すればいいんだから、開き直って思いっきりボールを投げればいいんだよ。

 そうですね。環境を選べるという強みがあるのならそれを活かすべきですよね。

 そうそう。
 というわけでまとめを。

 っていうかもうDevilさんがまとめちゃってますよねw

 だなw
 じゃあ今日はこんなところで!

 15年ぶりのDJ-Devil、お疲れさまでした!

 次回更新はまた15年後を予定しているぞ!
 お便りも募集してないから寄越すなよ!

 何言ってるんですか、次回更新は今週中ですよ!
 そしてお便りも募集しています!

 やっぱりそういうオチか……。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする