【日想】206:期待が重い場合

 TRPGでは役割演技やロールプレイで一定の役割を持たされる事が多く、中には行動や責任を期待される役割もあるので期待が重い場合があるんですが、基本的に期待が重い場合はぶっちゃけてしまう方が楽です。
 キャラクター一人に行動や責任がのしかかる瞬間というのはあるんですが、キャラクターが背負う事はプレイヤー1人が背負う事とイコールではなく、盤面を開示しながら他プレイヤーや場合によってはGMも巻き込んで考えればいいのです。
 期待をする側には期待をする側の責任があり、ただボールを投げれば良いという事ではないので、どんどん巻き込んでしまばいいと思います。

 それをする事で盤面上の問題が他人事では終わらなくなりますし、他人事ではないという事は当事者意識を持って事に当たるという事なので楽しみも深くなりますし、相談される側もどんどん巻き込まれていけば良いと思います。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする