33.先を読まれたくないんです

 Baaaaaaaaaad Night!
 最後の救世主にして世界を破滅に導くDJ-Devilだだだ!

 アシスタントのAngelです☆

 まだ今週中なので焦って更新する必要もないと思うんだけど、なんで俺様呼び出されてるのかな?

 筆者の如月翔也が今週末忙しいから先に更新したいらしいですよ☆

 そんなの知るかよ、あんな奴ァ後で困ってればいいんだよ!

 でもネタ的には連続で行きたい所ですよね?

 ……まあそれは否定しないが。
 じゃあ今日も行こうか。昨日の続きを頼む!

 はい☆
② ①にも絡みますがなぜ何が怖いかと言うと「あまりにシンプルだとラストまで一気に話の内容を言い当てられるのでは?」と心配になります。初心者の書いたシナリオですからそれで当然かもしれませんが。大切なことはシナリオが破たんしないこと戦闘のバランスの方でしょうがいつも熟練GMの用意する「どんでん返し」を楽しませてもらってきたから自分もあまり読まれたくないな〜 となります。Devil様的には「先読みしてシナリオのオチを言い当てる如月●也をブチ●せ」で片付くと思いますがどんな対策をしてセッションに挑むといいでしょうか?
 だそうですよ!

 そうか、じゃあ先読みしてシナリオをオチを言い当てる如月翔也をブチ殺せ。

 Devilさん、ネタはいいですから……。

 まあ言う事はそんなにかわらないんだけどな……。
 「ラストまで話の内容を言い当てられて困るか」っていう問題で、困るならマスクすべきだし困らないなら開き直っちゃえばいいと思うんだよね。そしてそれ以前に「ネタを言い当てるの禁止!」って言っておけばいいだけの話だし。

 どういう事かもうちょっと詳しく教えて頂けますか?

 言い当てられて困るか、っていう部分は「ダンジョンシナリオだろう!」って言われても別にあたってて困る内容じゃないよな?例えば困るというのであれば推理シナリオで現場見た瞬間に「これこれこういうトリックで犯人は誰!」みたいな感じに言われると困るんだけど、そっちだったら最初の段階で情報を渋っておくか、展開を2つ作って当てられなかった方を採用するっていう方法がある。
 最初の段階で情報がある程度あるとプレイヤーも感づいちゃうのでできるだけ情報を抑えめに渡して、時間経過と同じ割合で情報を渡していけば「バレるのが遅くなるよね」っていうお話でもあるし、それでもバレる事自体が困るのであれば正解が2つある選択肢にしてPCが選ばかなった方を正解として採用する、っていう方法があるよ、って話だ。

 なるほど、ネタバレを遅らせるなら情報を遅らせれば良い、当てられて困るなら絶対に外す構成にすれば良いという事ですね?

 そういう事。そしてそれ以前にネタバレして困る内容だったらプレイ前に「ネタを言い当てるの禁止です!」って言い渡しておけばいい。それでバレたら言った奴が悪いって話だよな。

 まあ、それはそうですよね……。
 でもプレイヤーって口が滑っちゃいますよね……。

 まあ、ね。
 そういう意味では口が滑ってもいいように、ネタを2重構成にしてAを言い当てられてもBの展開をできるように準備しておくとベターだね。2段バレしてもいいようにA-B/C-Dルートみたいに2段階×2のネタ展開にしても良いと思う。

 なるほど、でもちょっと偏執狂的な感じですね……。

 それはそうだな。どっちかと言うとネタバレが困るからどうしよう、という話よりも、ネタバレしても笑いながらセッション終了までワイワイ楽しめるメンツを集める事の方が大事だし、「良くもネタバレしたな、殺す!」くらいの感じでワハハハ、と笑って進められる方が環境として良いからね。

 言われてみるとそうですね……。

 そういう事。じゃあまとめて?

 はい。
 ネタバレが困る場合情報を小出しにして発覚を遅らせる方法と、片方がバレても良いように展開を2つ用意しておく方法があります。展開を2つ用意するタイプは2段階にするとなおバレづらいですよ。でも大事なのはネタバレしても笑って負われるメンツを仲間にする事なので、事前に「ネタを言い当てるのは禁止です!」と言っておいて予防線を張りつつ楽しみましょう!
 という事ですね?

 オーケーオーケー、そんな感じ。
 じゃあDJ-Devil33話目もおしまい、次回更新は……

 もちろん来週頭ですよね?

 ……ですね、はいはい。

 もっと前向きになれません?

 15年ぶりにやってるんだから少しはゆっくりやらせてくれよ……。

 悪魔にとって15年なんて人間の2〜3ヶ月じゃないですか。夏休みが終わったと思えばいいんですよ☆

 じゃあブルーになってもしかたないじゃん……。

 普段から宿題ちゃんとやっていないから辛いんですよ☆

 優等生にはわからんだろうなぁ……。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする