NO IMAGE

052:キャラクターを「生かす」

 さて、TRPGのプレイにおいて注意しなければならない事の1つに、「キャラクターを生かす」事があげられます。  そもそも、TRPGに登場するプレイヤーキャラクターには色々な側面があります。  PCというのは、職業(あるいはクラス)や能力値の様なデータな側面、生い立ちや冒険に出るまでの経緯と言った背景的な側面、性格や癖などの内面的な側面など、現実世界の人間と同じだけの重さを持った「人物」としての側面を持っているはずです。  そして、それを十分に生かしつつ、それでいてゲーム...

NO IMAGE

051:コンベンションに行こう!

 みなさんは、TRPGのコンベンションをご存じですか?  コンベンションとは大きな会場を借りて、不特定多数の人間がTRPGを楽しむ、非常に楽しいイベントです。  以前は色々な所でコンベンションが開催されていましたが、最近はTRPGブームの縮小に伴い、コンベンションの開催も少なくなってきているようです。  しかし、コンベンション自体は絶対に意味のある物ですし、楽しい物なのです。  そこで今回は、コンベンションの復興を願って、コンベンションの良さを考えてみたいと思いま...

NO IMAGE

050:TRPGで重要な1つのバランス

 このコラムもめでたく50個目を迎えました。  今回はそれを記念して、TRPGでとても重要だと思える部分について、考えてみたいと思います。  TRPGを端的に表現する言葉として、「物語を楽しむゲーム」である、という物があります。  これは、「物語」をストーリー性・キャラクター性と考えると、確かにTRPGを端的に表現していると言えるでしょう。  さて、そんなTRPGですが、いつもついて回る命題として、「物語」と「ゲーム」のどちらを優先させるべきであるか、とい...

NO IMAGE

049:セッションの重要ポイント

 TRPGの1つの完結したプレイを「セッション」と言います。  要するに、ゲームを開始し、シナリオを進行し、シナリオを終了させ、ゲームを終了するまでの1つの流れを「セッション」と言う訳です。  TRPGでは1つのセッションからなる「単発シナリオ」、複数のセッションからなる「連続(キャンペーン)シナリオ」などがありますが、それら全てはセッションによって形成されている訳ですね。  さて、このTRPGの「セッション」ですが、これを行う時にはいくつか考えなければならない事があり...

NO IMAGE

048:一本道シナリオ

 TRPGでよく聞かれる悪口(評論?)に「一本道シナリオ」という物があります。  この「一本道シナリオ」とは何なのでしょうか?何故、悪いのでしょうか?それを回避するにはどうすればいいのでしょうか?  今回は、いつものコラムと趣向を変えて、「一本道シナリオ」を考えてみましょう。  さて、この「一本道シナリオ」ですが、その名の通り、シナリオ内に分岐のない、話の流れが一本道のシナリオを指します。  依頼を引き受けた所からシナリオが始まり、キャラクターの行動に関係なくイベ...

NO IMAGE

047:課程を楽しむ

 さて、前のコラム(コラム46)では、以下のように書きました。  【TRPGでは「個性」を持ったPC達がシナリオに挑戦し、その課程を楽しむゲームです。】  さて、この課程を楽しむという事ですが、これはどういう事なのでしょうか?  今回はその点について考えてみましょう。  TRPGは基本的には「目的達成」を目指す物ですが、「目的達成型」のゲームとは趣が少々異なります。  それは、第一に「明確な目標が設定されていない」為であり、第二に「プレイヤー/キャラ...

NO IMAGE

046:個性の作り方

 TRPGでは「個性」を持ったPC達がシナリオに挑戦し、その課程を楽しむゲームです。  この「個性」という物はただのデータの集まりでしかなかった「キャラクターシート上の存在」に命を吹き込み、ただの「駒」でしかなかった物を「1人の存在」に変化させてくれます。  さて、それでは、キャラクターの「個性」とは、どうやって作り、演じる物なのでしょうか?  実際にキャラクターに個性を持たせる場合、2つの方法があります。  「性格の指針」を作り、それを演じる方法と、「行動の指針...

NO IMAGE

045:ダレるセッション

 TRPGとは、とても楽しく、エキサイティングで、かつ創造的で想像的な素晴らしい遊びです。  この魅力に取り憑かれると、自分の時間と金銭、そして想像力の許す限り、どこまででも遊び続けてしまうと言う、ある意味呪いのような遊びだと言っても過言ではないでしょう。  しかし、実際にTRPGをやっていると、マスターが悪いのか、プレイヤーが悪いのか、セッションが「ダレて」しまう事もままあります。  でも、TRPGというのは良くて半日、普通は丸1日を使ってしまう物ですから、セッション...

NO IMAGE

044:システムを楽しむ

 最近になって陰りが見え始めたとはいえ、いまだにTRPGというジャンルには様々な作品が存在しています。  ジャンルで分けるとファンタジーやホラー、SF、学園物、現代物などのジャンルがありますし、各ジャンルにも相当の数のシステムが存在しています。  ジャンルだけで考えるのであれば、ジャンル毎に1つのシステムさえあれば充分であるはずですが、現実としてはジャンル毎に色々なシステムがあり、それが様々に評価されています。  今回は、その数多く存在する「システム」について、考えてみたいと思...

NO IMAGE

043:盗賊

 さて、このコラムでは「戦士」「魔法使い」「神官」と、ファンタジーRPGの定番クラスの3つまでを題材にしてきました。  定番クラスとして、残るは「盗賊」ただ一つです。  今回は、この「盗賊」キャラクターについて、軽く触れてみましょう。  「盗賊」について最初に書くべきなのは、実際の中世ヨーロッパとファンタジーTRPGでの盗賊は全く別物である、という点です。  ファンタジーTRPGでの盗賊は戦ったり、罠を解除したり、情報を集めたり、交渉したりと、ある意味ではパーティの雑用係...