NO IMAGE

【日想】032:旭山動物園に思うシナリオ順路

 本日長男・次男・嫁・義父を連れて旭山動物園に行ってきました。  旭山動物園は動物園なので、順路とかはないんですが、マップを良く見て見に行きたい動物や見に行きたいイベントを探してみると、なんとなくですがちゃんと一本道になっていて、順路通りに見にいくと良い所を全部見られるようになっているように思います。  これを見て思ったんですが、シナリオの作り方も旭山動物園に習ってみるのが良い気がします。  一本道ではなく、ある程度PC達が自由にできる余裕があって、その上で気がついたらある程度の順...

NO IMAGE

【日想】031:ロールプレイのしすぎは苦手かも知れません。

※あくまで如月翔也の趣味嗜好の話になりますので、不快な思いをされる方もいらっしゃるかも知れません。先にお詫びします※  あくまで個人的な趣味嗜好の話ですが、いわゆる「ロールプレイ」のしすぎはあまり得意ではないです。  「しすぎ」と言うのはもう少し詳しく言うと、「シナリオの進行に関わらないロールプレイを延々とする」状況を指しています。  例えばNPCとの交渉で、交渉の成否がシナリオの進行に明らかに関わっている場合、交渉を成功させようとロールプレイを延々とするのは自分的にはセーフという...

NO IMAGE

【日想】030:セッション中に休憩が欲しいです。

※いつもの事ですが、あくまで個人的な主観です。※  TRPGってほぼ一日使ってプレイする事が多いと思うんですが、セッション中、時々途中休憩が欲しくなります。  個人的にタバコを吸うという理由もあるのですが、禁煙中でもセッション中の途中休憩が欲しいな、と思っていたので、ちょっとここで書かせて貰おうと思います。  人間、一つの事に集中できるのは45分~90分くらいが限界だと言われています。  実際にゲームを開始してから2時間くらい経つと、セッションに対する集中力が削がれるというか、明...

NO IMAGE

【日想】029:ロールプレイで走られた時。

 TRPGをやっている時、希に1プレイヤーがGMを独占してしまい、他のプレイヤーが暇になってしまう時があります。  そういう時、GMもプレイヤーも熱心にプレイしているので、他プレイヤーが嘴を挟むのが難しい場合も多々あると思います。  こういう場合、大体はロールプレイでキャラクターが突っ走っている所である事が多いと思いますので、自分もロールプレイ面で走っているキャラクターの援護に回れるように参加したい所ですね。  下手に嘴を差し込むよりも、今走っているプレイヤーの援護に回ってシーン自...

NO IMAGE

【日想】028:TRPGって何歳からですかね(家族自慢)。

 実は私の家、嫁もTRPGプレイヤーです。  ついでに息子2人(5歳・1才半)も現段階でアナログゲームに染めていまして、最終的には家の中でTRPGをプレイできる環境を作る事が将来の夢です。  そこで思うんですが、TRPGを初めて体験するのって、何才くらいが適当なんでしょうか?  5歳の息子は1プレイ30分前後のアナログゲームであれば集中力が持ちますが、1時間以上のゲームになると集中力が持たない様子です。  ある程度集中力が持つようになったらTRPGにも挑戦して貰おうと思っています...

NO IMAGE

【日想】027:「楽しい」と「面白い」

 JJFさんの日記を読んで触発されましたので、今回は「楽しい」と「面白い」の違いを考えてみようと思います。 JJFさんの日記:「楽しい」と「面白い」 (TRPG SNS参加者しか確認できません)  「楽しい」と「面白い」の違いについては、辞書的に色々調べる事もできるんですが、あえて自分の感覚で書くとこうなります。 ・楽しい:感覚的な物。何かに参加した時に覚える感覚。 ・面白い:知的な物。一歩引いて見た時に感じる知的好奇心。  「楽しい」はあくまで感覚的な物になりますの...

NO IMAGE

【日想】026:セッションにおける最大幸福

 TRPGについて日想を書いていますが、そろそろ慢性的なネタ切れに死にそうになってきました。  今日は以前の日想で取り上げたセッションの成功要素の一つ、「参加者の最大幸福」について掘り下げて考えてみようと思います。  「参加者の最小不幸」についてはダイス目次第で酷い事になりかねないので、「最大幸福」の方が取り上げやすいと思ったからです。  さて、「参加者の最大幸福」ですが、これは単純に言うとGMを含めたプレイヤー全員がそれなりに楽しむ事を指します。  この「それなり」というのは、...

NO IMAGE

【日想】025:自分(達)を語る言葉を持とう。

 みなさんはどんな感じでTRPGを楽しんでいらっしゃいますか?  データを重視している、積極的にロールプレイングをしている、乗りが良ければ多少のギャグキャラはOKとしているなど、色々な「こんな感じで楽しんでいる」というスタイルがあると思います。  逆に、特に深く考えなければ「いや、普通に楽しんでますよ?」という答えになるかも知れません。  今回は、このなかで一番玉虫色の「普通に」という言葉の怖さについて書いてみたいと思います。 <如月翔也の個人的トラウマ> ・「普通のソードワー...

NO IMAGE

【日想】024:異種族のメンタリティ

 TRPGでファンタジー物を遊ぶとき、よくエルフやドワーフなどの異種族をプレイする機会があると思います。  私は個人的にデータ優先主義のプレイヤーなのですが、できるだけキャラクターの役割・個性についても演じたいと思っていますが、異種族をプレイするのは難しいなぁ、と思う事が多々あります。  それは、エルフやドワーフのメンタリティがどうなっているかの参考資料があまりにも少ないためです。  エルフ・ドワーフはJ.R.Rトールキンの「指輪物語」(ホビットの冒険にも出てきますが)に出てくるエルフ...

NO IMAGE

【日想】023:機会平等に注意を払おう。

 TRPGにおいて、各プレイヤーは平等に活躍できるのが理想だと思うんですが、実際にセッションをしていると「結果的に平等にはならない」のが当然だと思います。  結果的に平等にならないのはランダムを使うゲームである以上仕方がない事なので、GM及び各プレイヤーは「結果平等」ではなく、「活躍する機会が平等にある」かどうかに注意を払うべきかも知れません。  古いTRPGシステムだとプレイヤーの選んだクラスによっては「どういう場面でしか活躍できない」という縛りが発生するものもありますので、そのために...