NO IMAGE

019:ウィザード

 ウィザードというと、ファンタジーTRPGで出てくる魔法使い系のクラスの名前ですね。  ところで、みなさんはご存じでしょうか?  このウィザードですが、もともと「賢い」という英単語(Wise:ワイズ)から発展した物です。  つまり、ウィザードにはそもそも「賢い」という意味合いがあるのです。  それでは、「賢い」魔法使いであるウィザードとは、どんな人なのでしょうか?  これは、色々な小説作品などでその姿をみる事ができます。  例えば、J.R.R.トー...

NO IMAGE

018:ファンタジー世界での冒険者

 今回は、「幻想世界」でのリアリティを題材にしてみましょう。  「一般的なファンタジー」と呼ばれる世界での、冒険者の立場について、ちょっと考えてみましょう。  「一般的なファンタジー世界」とは、大体において「中世ヨーロッパの格好良い部分だけ複合した世界」と考えて差し支えありません。  逆に、「格好良い部分」でない部分については、ある程度史実に従うべきでしょう。  そう考えると、ファンタジー世界の住人のほぼ9割以上が第一次生産者、及び第二次生産者です。  つまり、...

NO IMAGE

017:「戦う者」のリアリティ

 今度は「現実的」な話を少ししてみましょう。  「戦う者」についてのリアリティを考えてみましょう。  どんな世界であれ、「戦う」という事には重大な決断を伴います。  本当に、命を懸けて闘うのであれば、少なくとも闘った後には負傷者が出るはずですし、多くは死者を出してしまうでしょう。  もし、自分が相手よりも弱い事が明確であれば、死にに行くようなものですから、「戦う」という事は愚かな選択でしょう。  逆に、自分が相手よりも強い事が明確であっても、...

NO IMAGE

016:どちらのリアリティをとりますか?

 TRPGは演技を楽しむ遊びです。  そして、「異世界」のリアリティを楽しむ遊びでもあります。  例えば、ファンタジーRPGを楽しむ人は、現実世界にはない、剣と魔法の冒険活劇や、高度な魔法の織りなすハイファンタジーを楽しみます。  さて、ここで一つの問題があります。  貴方はTRPGをする時に、「現実世界のリアリティ」と「異世界のリアリティ」の、どちらを優先するでしょうか?  例をあげると、ファンタジーTRPGの「騎士」の行動の規範などがあります。 ...

NO IMAGE

015:プレロールドはいかがですか?

 みなさんは「プレロールドキャラクター」という方法をご存じでしょうか?  TRPGでは通常、自分で自分のキャラクターを作成するのですが、プレロールドキャラクターという方法では、ルールブックに掲載されているキャラクターや、ゲームマスターが事前に作成しておいたキャラクターの中から自分のキャラクターを選んで決定する、という方法です。  これは、シャドウランや天羅万象などのTRPGで使われている「アーキタイプ」という方法や、原作物のTRPGなども含む、ちょっと面白いゲームの楽しみ方なのです。...

NO IMAGE

014:最近のTRPGの傾向

※このコラムは「TRPGの変遷(第1世代)」「TRPGの変遷(第2世代)」「TRPGの変遷(第3世代)」の続編です。  TRPGの変遷の歴史をざっと振り返った所で、今度はTRPGの最近の傾向について考えてみる事にしましょう。  最近は「第1世代型」と呼ばれる「戦闘と成長」のTRPGはなりをひそめ、代わりに「世界」を重視する「第2世代型」TRPGと、「キャラクター」を重視する「第3世代型」TRPGがTRPGの代表格になっています。  更に最近では、その「第2世代」と「...

NO IMAGE

013:TRPGの変遷(第3世代)

※このコラムは「TRPGの変遷(第1世代)」「TRPGの変遷(第2世代)」の続編です。  こうして「異世界」全体を表現するに至ったTRPGですが、プレイヤーはまだ満足しませんでした。  「独特の世界」、「独自の歴史」そして「特徴的な街」、更に「個性的なNPC」が揃った所で、プレイヤー達は今度は自分のキャラクターも「個性的」である事を望んだのです。  これは全く当然の成り行きでもあります。  「現実世界」であろうが「異世界」であろうが、人間というものは画一化された存在で...

NO IMAGE

012:TRPGの変遷(第2世代)

※このコラムは「TRPGの変遷(第1世代)」の続編です。  こうして新しい遊びとして発表されたTRPGは、様々な人によって遊ばれました。  そして、その中で、「迷宮だけではなく、街でも遊びたい!」という意見や、「この世界って、どういう世界なのだろう」という疑問が持ち上がってきました。  そう、TRPGは自由に遊べる遊びであるからこそ、もっと様々な事をして遊びたいというプレイヤーの想いを強めてしまったのです。  TRPGの舞台は、今までは冒険の出発点・迷...

NO IMAGE

011:TRPGの変遷(第1世代)

 さて、最近はちょっと問題提起が多かった様ですので、今度はまっとうなコラムに挑戦してみましょう。  私たちが楽しんでいる「TRPG」、これは初代D&Dが発売されてから様々な人に遊ばれ、その遊び方も変化して行きました。  それに従ったのか、それとも時代をリードしていったのか、TRPGのルールも初代D&Dのルールに比べると、色々な形に変化をしています。  では、TRPGはどのような変化を遂げて来たのかを、ちょっと振り返ってみましょう。  TRPGの元祖と言えばD&Dで...

NO IMAGE

010:TRPGを「勉強」してませんか?

 曰く、「TRPGは面白い」。曰く、「TRPGは最高の遊びだ」。  私も、そう思います。最高の仲間と最高のセッションを行う事ができた後などは、心底「TRPGは最高に面白い遊びだなぁ」と思います。  確かにTRPGは面白いです。ハマればハマるほど面白いですから、一度ハマるとどんどんとハマって行きます。  そして、仲間内がその意識で固まってしまうと、次はみんなでTRPGの研究や勉強を始めてしまう事もよくある話なのではないでしょうか。  例えば、先だってのコラムで取り上...